F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
36 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
64 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
85 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
99 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
106 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
120 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
127 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
141 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
155 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
190 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
204 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
211 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
225 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
239 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
246 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
260 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
274 days

ティフォシ必見! 70周年記念作品“Ferrai in ART”が代官山蔦屋書店で販売

シェア
コメント
ティフォシ必見! 70周年記念作品“Ferrai in ART”が代官山蔦屋書店で販売
2020/02/04 8:25

2019年にF1参戦70周年を迎えたフェラーリ。その歴史を感じられる芸術作品“Ferrai in ART”が代官山蔦屋書店で展示・販売が行なわれる事になった。

 2019年にF1参戦70周年を迎えたフェラーリ。F1の世界において輝かしい歴史を誇る彼らだが、その歴史を感じる事ができる芸術作品“Ferrai in ART”が、代官山蔦屋書店(株式会社T-SITE)にて展示、販売されることになった。

“Ferrai in ART”作品は、70年に渡る栄光の歴史を、フェラーリに関わったドライバー、チーム関係者、GPイベントそしてファンといった様々な視点と思いをメッセージと写真でオマージュした作品だ。

 作品はF1の世界で有名な芸術家であるマーク・ディケンズと、グランプリフォトグラファーとして著名なキース・サットン(サットン・イメージ創設者)がコラボレーションをして出来上がったモノになる。

 展示、販売を行なう株式会社T-SITEは『これらの写真には見慣れた物も入っているかもしれない、しかしメッセージを読みながら改めて作品を見ると、全体からフェラーリへの情熱が醸し出され、いままでとは違ったフェラーリの美しさ。偉大さを感じさせる』と作品の魅力を語っている。

 なお“Ferrai in ART”を見ることができるのは、日本では代官山蔦屋書店だけだという。

 展示が行なわれるのは東京都渋谷区の代官山蔦屋書店のクルマ・バイクコーナー。期間は2月5日(水)から29日(木)までだ。また、販売金額は1枚(額入り)が税抜きで120,000円、25枚入りのBOXセット(額なし/※証明書付き全世界限定100セット)で税抜き1,530,000円となっている。

Read Also:

スライダー
リスト

Ferrai in ART

Ferrai in ART
1/3

写真:: T-site Co.,Ltd

Ferrai in ART

Ferrai in ART
2/3

写真:: T-site Co.,Ltd

Ferrai in ART

Ferrai in ART
3/3

写真:: T-site Co.,Ltd

次の記事
フォースインディア元オーナー、”アストンマーチンF1誕生”を喜ぶ

前の記事

フォースインディア元オーナー、”アストンマーチンF1誕生”を喜ぶ

次の記事

次の一歩のために。テストドライバー務めたエイトケン、ルノーF1チームを離脱

次の一歩のために。テストドライバー務めたエイトケン、ルノーF1チームを離脱
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1