F1日本GPのドライバー別タイヤセット数発表。フェラーリ”勝負”の選択

シェア
コメント
F1日本GPのドライバー別タイヤセット数発表。フェラーリ”勝負”の選択
執筆: 田中健一
2018/09/25 11:52

各ドライバーがF1日本GPに持ち込む、タイヤのセット数リストがピレリより発表された。

 いよいよ来週に迫ったF1日本グランプリ。ピレリは、この日本グランプリに向けて各ドライバーが選択したタイヤのセット数リストを公開した。

 今年鈴鹿サーキットに持ち込まれるのは、ミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類。ほとんどのチームが、スーパーソフトを最も多く選択してきたが、マクラーレンだけが他と大きく異なるチョイスとなった。

 全10チーム中9チームは、ひとりのドライバーが使える13セットのタイヤのうち7から10セットにスーパーソフトを選択している。しかしマクラーレンは、スーパーソフト4セット、ソフト5セット、ミディアム4セットという、すべてのタイヤをほぼ均等に持ち込むことを決めている。S字をはじめとして、横Gがかかるコーナーが多い鈴鹿での、タイヤのデグラデーションを加味した選択……と言えるのだろうか? いずれにしても、すべてのタイヤのセット数が横並びというのは、非常に珍しい事例だと言えよう。

 上位勢に目を転じると、フェラーリがスーパーソフトタイヤ決め打ちとも言える10セットを持ち込み、勝負をかける。一方、メルセデスとレッドブルは、スーパーソフトを7セット選択。ただレッドブル勢は、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンで、ソフトとスーパーソフトのセット数を変更、両者のパフォーマンスを比較するつもりのようだ。

 その他のチームは、ほとんどが似たようなタイヤ選択となっている。

 F1日本GPの決勝レースは、10月7日に行われる。

Selected sets per driver

Selected sets per driver

Photo by: Pirelli

 
次の F1 ニュース
ペレス、マクラーレンとの交渉は認めるも「復帰を真剣には考えなかった」

前の記事

ペレス、マクラーレンとの交渉は認めるも「復帰を真剣には考えなかった」

次の記事

ルノーPUの”スペックC”に未来を見たリカルド。「移籍は正しかった」

ルノーPUの”スペックC”に未来を見たリカルド。「移籍は正しかった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース