F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

フェラーリ、ルクレールに起きたトラブルは未解決「再発の可能性低いが……」

シェア
コメント
フェラーリ、ルクレールに起きたトラブルは未解決「再発の可能性低いが……」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/08/02 8:42

フェラーリは、ドイツGP予選でシャルル・ルクレールに発生したトラブルを解決できていないようだ。

 フェラーリは、第11戦ドイツGPの予選で2台ともにマシントラブルに見舞われた。連戦となる第12戦ハンガリーGPでは、シャルル・ルクレールのマシンに起きた燃料システムの問題の解決には至っていないようだ。

 ドイツGPでは、セバスチャン・ベッテル車のインタークーラーにトラブルが発生し、予選で全くアタックできず。さらに、Q3では燃料系のトラブルが起きてしまい、ルクレールがコースインできずに予選を終えた。

 チーム代表のマッティア・ビノットは、信頼性を向上するために内部のアプローチを改善する必要があると述べたが、問題の原因や再発防止の対策については明らかにしていない。

 ルクレールは、ベッテルの問題は解決されたと明かした一方で、自身に発生した燃料トラブルを解決するためには”もう少し時間が必要だ”と語った。

 しかしながら、フェラーリは問題の原因を特定済み。限られた状況で発生するトラブルであるため、ハンガリーGPで問題が再発する可能性は低いと考えているようだ。

 motorsport.comが、ハンガリーで問題が再発しないか確信できているかと訊くと、ルクレールは次のように答えた。

「両方の問題について、たくさんの分析が行われたと思う。僕たちは解決策に取り組んでいるんだ」

「セブ(ベッテル)のトラブルは完全に修正されていると思う。僕に起きた方の問題はもう少し時間がかかる。でもそれが起きた理由は分かっているので、今回再発することはないと確信している」

 ドイツGPで9番グリッドから決勝に臨んだルクレールは、雨の中で力強い走りで追い上げたものの、クラッシュを喫しリタイアとなった。

 上位走行中に痛恨のミスでノーポイントに終わったルクレールだが、本人としては、アゼルバイジャンGPの予選でのクラッシュの方が厳しいものだったと振り返った。

「バクーの後は、今の僕とは全然違う状況だった。僕にとっては、バクーのほうがはるかに大きなミスだった」

「バクーのミスは予選だったし、実際にはドイツGPの方が影響が大きかったと言える。でも、(ドイツGPは)コンディションがとても悪かったんだ」

Additional reporting by Roberto Chinchero

次の記事
”アンセーフリリース”への罰則は、タイムペナルティに固定へ? FIAが合意

前の記事

”アンセーフリリース”への罰則は、タイムペナルティに固定へ? FIAが合意

次の記事

F1ハンガリーFP1速報:ハミルトン首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン2番手

F1ハンガリーFP1速報:ハミルトン首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン2番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント Race
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Valentin Khorounzhiy