まずはコースを外れないこと! 初の母国レース迎えた角田裕毅に”先輩”ガスリーがアドバイス「興奮を抑えることが重要」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、日本GPで初の母国レースを迎えるチームメイトの角田裕毅について「期待感や興奮をマネジメントすることが重要だ」とアドバイスした。

まずはコースを外れないこと! 初の母国レース迎えた角田裕毅に”先輩”ガスリーがアドバイス「興奮を抑えることが重要」
Listen to this article

 3年ぶりに開催される日本GP。昨年F1デビューを迎えたアルファタウリの角田裕毅としては、今年が初めての母国GPとなる。小林可夢偉が2014年に鈴鹿サーキットを走って以来の日本人F1ドライバーの帰還ということもあり、2022年の日本GPはチケットがソールドアウトとなるなど、日本中から大きな期待が寄せられている。

 期待を速さに変えられるか、それともプレッシャーに押しつぶされてしまうのか……そのような状況にある角田に、チームメイトのピエール・ガスリーがアドバイス。2018年のフランスGPで自身も初の母国GPを体験している”先輩”としては、高ぶる気持ちを抑え、ドライビングに集中することが大切になると語っている。

Related videos:

「まずはコースに留まることだね(笑)」

 ガスリーはそう笑い飛ばし、次のように続けた。

「実際、鈴鹿は難しいコースだ。ハイスピードだし、F1マシンで走ると強力なGがかかる。ドライビングに関して言えば、シーズン中で最もテクニカルなところだと思う」

「走り方は分かっていると思う。速く走らせる方法が分かっていなければ、F1ドライバーになんてなれないからね」

「でも初めての母国レースだから、鈴鹿に来て気持ちが高ぶっているはず。だから、期待感や興奮をマネジメントすることが重要になってくる」

「母国GPは多くのファンの前で良いところを見せたいと思うモノだ……だから時々攻めすぎてミスを犯してしまうんだ」

「彼は速く走らせる方法を知っている。だから重要なのは、ドライビングに集中し、母国GPの雰囲気に振り回されないことだね」

 
Read Also:

シェア
コメント

角田裕毅、復活したHONDAロゴを背負うことに”光栄”と喜ぶ「ホンダさんがいなければ、僕は絶対にここまで来られなかった」

ハミルトン「あと50万ドルあれば、結果の違ったレースもあった」予算超過疑惑のレッドブルにチクチク

最新ニュース

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

LM24 Le Mans

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上? ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?