ガスリー、カナダでPU交換をチームに進言「フランスGP期待できる」

シェア
コメント
ガスリー、カナダでPU交換をチームに進言「フランスGP期待できる」
執筆: Scott Mitchell
協力: Oleg Karpov
2018/06/16 9:09

ガスリーは、フランスGPでグリッド降格ペナルティを受けることを避けようと、トロロッソとホンダ双方に”お願い”をしたと明かした。

Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18, leads Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13

 ピエール・ガスリーは、母国レースであるフランスGPでパワーユニット(PU)交換によるグリッド降格ペナルティを受けることがないように、カナダでトロロッソとホンダ双方のメンバーに”お願い”をしたと明かした。

 ホンダは、カナダGPにアップグレードを施したPUを投入。ガスリーはMGU-K以外の5エレメントを交換した。しかしフリー走行3回目に問題が発生したことで、予選には旧スペックのPUで臨み16番手となっていた。

 分析の結果、チームはアップグレードPUで決勝を戦うことを決断。ガスリーのマシンに新たなICE(内燃機関)を投入した上でPUを載せ替え、19番手から決勝を戦い11位でフィニッシュした。ポイントは獲得できなかったものの、来週末に開催されるフランスGPでPUを交換し、ガスリーがペナルティを受ける可能性は少なくなったわけだ。

「僕がみんなにプッシュしたんだ。フランツ(トスト/チーム代表)やジョナサン(エドルズ/チーフレースエンジニア)、田辺サン(田辺豊治/ホンダ・テクニカルディレクター)など、みんなにお願いしたんだ」と、ガスリーは語った。

「新しいエンジンを入れたいと言った。そうしなければ(旧PUなら)レースは難しいものになっていただろうし、ここ(カナダ)でペナルティを受けた方が良いと思った。ポイントを獲るチャンスが増えるし、フランスGPで後方からスタートせずに済むからね」

 19番手からカナダGPを戦ったガスリーは、全体的にオーバーテイクが少なかったレースの中で、ハースのケビン・マグヌッセンやフォースインディアのセルジオ・ペレスをパスし、11位となった。もっと良いグリッドからスタートしていれば、ポイントを獲得できただろうとガスリーは話し、フランスGPに向けては”良いニュース”だと期待を口にした。

「フリー走行をしっかりとこなし、すべてをまとめ上げる必要がある。だけど、僕にとっては初めての母国GPだ。トラックも本当に好きだし、素晴らしいレースがしたい」

「アップグレード(PU)があって、素晴らしいマシンを用意できれば、良い週末を期待できるはずだ」

 トロロッソとホンダは、カナダで投入されたアップグレードに大いに勇気付けられている。ガスリーは、トロロッソのシャシーに合ったトラックでは、もっと良い結果が得られるだろうと述べた。

「間違いなく、パワーユニットは素晴らしい」

「シャシーの面では、モナコやバルセロナと比べても(カナダでは)それほど良くはなかった。僕たちのマシンにとって、ベストなトラックではなかったんだ」

「もう少しマシンのパフォーマンスを改善できれば、あのパワーユニットが僕たちに、もっと安定してトップ10に近づいたり、トップ10に入れるチャンスをくれると思う」

次の F1 ニュース
スパ、F1開催契約を3年延長。2021年までのベルギーGP開催が決定

前の記事

スパ、F1開催契約を3年延長。2021年までのベルギーGP開催が決定

次の記事

FIA、チェッカーフラッグの自動化を検討? 将来的な導入の可能性示唆

FIA、チェッカーフラッグの自動化を検討? 将来的な導入の可能性示唆

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース