ドイツFP1:リカルド首位。トロロッソUSタイヤ使わずハートレー15番手

シェア
コメント
ドイツFP1:リカルド首位。トロロッソUSタイヤ使わずハートレー15番手
執筆: 松本 和己
2018/07/20 12:26

F1第11戦ドイツGPのフリー走行1回目が行われ、レッドブルのダニエル・リカルドが僅差でハミルトンを抑えセッショントップとなった。

 ホッケンハイムで2年ぶりに開催となるF1ドイツGP。フリー走行1回目は、レッドブルのダニエル・リカルドがトップタイムをマークした。

 今回、ザウバーのマーカス・エリクソンに代わりアントニオ・ジョビナッツィが、フォースインディアのエステバン・オコンに代わりニコラス・ラティフィがFP1に出場。週末に持ち込まれているタイヤはミディアム、ソフト、ウルトラソフトの組み合わせ。スーパーソフトをスキップした形だ。

 90分のセッション開始から5分が経ち、まずはレッドブルのマックス・フェルスタッペンがミディアムタイヤでタイム計測。3度のアタックを行い1分15秒055とした。

 彼に続きタイム計測を行うマシンがいない時間帯が続いたが、20分が経過した頃にメルセデス勢やフェラーリのキミ・ライコネンが走行を開始。徐々にコース上にもマシンが増えていった。

 ジョビナッツィもコースインするが、左半分のエンジンカバーが剥がれて飛んでしまうというトラブルに見舞われてしまった。エンジンカバーはコース上に落ちたものの、幸いすぐに回収された。

 1セット目のタイヤ返却時間であるセッション開始40分を迎え、全車がピットに戻った。この時点でトップはメルセデスのルイス・ハミルトン。1分14秒181をソフトタイヤでマークしている。2番手には、いち早くウルトラソフトタイヤを使ったダニエル・リカルド(レッドブル)。3番手にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続いた。

 セッション残り40分を切り、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が新品のウルトラソフトタイヤで走行再開。ソフトタイヤでのタイムから約1秒タイムアップし、1分13秒903をマークしトップに浮上した。

 その後フェルスタッペン、ハミルトンも新品のウルトラソフトタイヤを投入し、トップタイムを更新していった。

 残り20分を切る頃には、リカルドがスロー走行。どうやら、コース上に落ちていた空き缶をフロア下に巻き込まんでしまったようだ。ただ、その後スピードを上げ、1分13秒525をマーク。トップに浮上しており、大きな問題にはならなかったようだ。

 結局、このセッションをトップで終えたのがリカルド。2番手のハミルトンとは0.004秒差と僅差だった。3番手にはフェルスタッペンが続いた。

 対して、フェラーリ勢は最初のセッションではウルトラソフトタイヤを投入せず。それでも、ベッテルはリカルドから0.271秒差の4番手となっている。

 7、8番手にはロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンのハース勢。9番手にはザウバーのシャルル・ルクレールがつけており、フェラーリのパワーユニットを使っているカスタマーチームの好調も続いている。このルクレールも、ソフトタイヤでのタイム計測である。

 10番手はルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。11番手のセルジオ・ペレス(フォースインディア)はミディアムタイヤでベストタイムを記録している。

 トロロッソ・ホンダの2台はこのセッションでウルトラソフトタイヤを使わず、ソフトタイヤのみで走行。ブレンドン・ハートレーが15番手、ピエール・ガスリーはマシンの挙動に不満を述べていた場面もあり18番手に終わった。

 今回、ルノーやフォースインディア、ウイリアムズなどのチームが新しいフロントウイングを投入していることもあり、まだまだホッケンハイムでの勢力図は見えてこない状態だ。

【リザルト】F1第11戦ドイツGP:フリー走行1回目

次の F1 ニュース
今週末もDRSゾーンは3カ所。ドライバーは前戦を踏まえ慎重な姿勢示す

前の記事

今週末もDRSゾーンは3カ所。ドライバーは前戦を踏まえ慎重な姿勢示す

次の記事

ドイツFP2速報:フェルスタッペンがレコード更新。トロロッソはガスリー15番手

ドイツFP2速報:フェルスタッペンがレコード更新。トロロッソはガスリー15番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース