ドイツFP3:雨でタイム計測はわずか9台。ルクレールがトップタイム

シェア
コメント
ドイツFP3:雨でタイム計測はわずか9台。ルクレールがトップタイム
執筆: 松本 和己
2018/07/21 11:33

ドイツGPフリー走行3回目は雨に見舞われ、ザウバーのシャルル・ルクレールがトップでセッションを終えた。

 F1第11戦ドイツGPのフリー走行3回目が行われ、ザウバーのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

 予選直前の重要な時間となるこのセッションだが、雨に見舞われコンディションはフルウエットとなった。

 まずザウバーのマーカス・エリクソンがウエットタイヤでコースイン。彼のチームメイトのシャルル・ルクレールやハースなど、中団チームを中心にコースへ向かうが、各車タイム計測をせずにピットに戻った。

 セッション開始から13分、一時インターミディエイトタイヤを装着してコースに出たニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)は、ウエットタイヤに履き替え最初にタイム計測、1分36秒873をマークした。チームメイトのカルロス・サインツJr.はスピンする場面もあり、タイムを残さずピットに戻った。

 その後、コースには1台もマシンが出ていない状態が続いたが、残り時間が10分を切るとザウバー勢が再びコースイン。それまでコースに出ていなかったフェラーリ、メルセデスのバルテリ・ボッタスもコースに出た。ルイス・ハミルトンは、残り時間1分でピットを出た。

 最終的に、セッションをトップで終えたのはルクレール。1分34秒577をマークし、F1で初めてセッショントップとなった。2番手にはエリクソンが続き、ザウバーがワンツーとなった。

 ただ、タイム計測を行ったのはわずか9台。予選に向けて軽く様子見をするのに留まっている。

【リザルト】F1第11戦ドイツGP:フリー走行3回目

次の F1 ニュース
タイヤウォーマー禁止は”レースに役立つ”と同時に”大きなチャレンジ”に?

前の記事

タイヤウォーマー禁止は”レースに役立つ”と同時に”大きなチャレンジ”に?

次の記事

フェラーリのマルキオンネ会長、健康上の理由により期日前に会長を辞任

フェラーリのマルキオンネ会長、健康上の理由により期日前に会長を辞任
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ドイツGP
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース