ジョビナッツィ、来季のシート獲得目指すも”他のドライバーの動向次第”

シェア
コメント
ジョビナッツィ、来季のシート獲得目指すも”他のドライバーの動向次第”
執筆: Ben Anderson
2018/08/09 5:56

ジョビナッツィは来年のF1デビューを目指し、自分はシミュレータードライバーではないことを証明したいと話した。

 フェラーリのサードドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィは、今年F1でレースができないというのは非常に辛い状況であり、シートを獲得するためにも”自分はシミュレータードライバーではない”ということを証明したいと語った。

 ジョビナッツィは、2016年にピエール・ガスリー(現トロロッソ)とGP2(現在のFIA F2)でタイトルを争い、僅差でガスリーに敗れた。翌年には負傷したパスカル・ウェーレインの代役としてザウバーからF1にデビューし、2戦を戦ったものの、それ以降の彼の活動はフェラーリとザウバーでのテストや、ザウバーとハースからフリー走行に出走しただけだ。

 フェラーリは2017年にジョビナッツィをサードドライバーに起用。彼はシミュレーター作業を担当するドライバーとして、ファクトリーで様々なセットアップに関わる作業を行い、チームにとって欠かせない存在となった。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はジョビナッツィの仕事を公に賞賛しているが、ジョビナッツィ自身は、いつまでもこの役目を担うことは避けたいと考えている。

「僕はシミュレータードライバーではない。マシンに乗りたいんだ」とジョビナッツィは話した。

「それが来年の僕の目標だ。チャンスが欲しいし、自分は準備ができているのかどうかということを確かめたい。僕は良いドライバーであり、ただのシミュレータードライバーではないからここにいるというのを示したい」

「それでも僕は本当にラッキーだ。多くのドライバーにとって夢であろうスクーデリア・フェラーリのサードドライバーなんだ。フェラーリとサインをした時、夢が叶ったと思った」

「もちろん、自分がトラック上にいないというのは本当に辛いことだ。僕は1年間待って、今も待っている。だけど言ったように、僕はチャンスが欲しいし、良いドライバーだからここにいるんだということを示したい」

 今年、ジョビナッツィはザウバーから2回フリー走行に出走しており、そのチャンスをきっかけに来年のザウバーのシートを獲得したいと考えている。

「チームには本当に満足しているし、彼らも本当によく仕事をしている」

「でも僕たちは待たなければならないんだ」

「今僕が集中しなければならないのは、マシンのフィーリングを良くして、メカニックやエンジニアなど、チームの全員を知ることだ。それができれば、僕も準備ができているということだ」

「他のドライバーの動き次第だ。移籍するとかチームを離れるとか、たくさんのドライバーの噂がある」

「でも僕らは待たないといけない。もちろん、目標はグリッドにつくことだ。来年そうできることを願っている」

次の F1 ニュース
フォースインディア、逆襲へ向け一歩。ベルギーGPでアップデート目指す

前の記事

フォースインディア、逆襲へ向け一歩。ベルギーGPでアップデート目指す

次の記事

「手術前のラウダの余命は残り数日だった」手術担当の医師らが明かす

「手術前のラウダの余命は残り数日だった」手術担当の医師らが明かす
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ
チーム ザウバー
執筆者 Ben Anderson
記事タイプ 速報ニュース