F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
9 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
16 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
37 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
51 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
65 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
93 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
100 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
114 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
121 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
135 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
149 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
156 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
170 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
184 days

ハミルトン&ベッテル、スパで両者同時にPUアップグレードを投入

シェア
コメント
ハミルトン&ベッテル、スパで両者同時にPUアップグレードを投入
執筆:
2018/08/24 1:06

ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、今週末のベルギーGPでパワーユニットのアップグレードを投入するという。

 メルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今週末スパ・フランコルシャンで開催されるベルギーGPにて、アップグレードされたパワーユニットを投入するという。 

 メルセデスとフェラーリは、今週末のスパ・フランコルシャンや来週末のモンツァといった、パワーが重要でありアップグレードを投入するのに好ましいサーキットで3基目のエンジンを投入するため、準備を進めていた。

 どちらのチームもアップグレード投入の計画を明かしておらず、パーツ交換に関する公式な情報は金曜日になるまで分からないとみられていた。しかし木曜日、メルセデスのルイス・ハミルトンとフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、今週末のベルギーGPでアップグレードされたエンジンを投入すると明かした。

「これまでのアップグレードや、それらを投入する機会というのは重要なものだ」とハミルトンは話した。

「この先2週間は、パワーがものを言うサーキットでのレースだ。今週末はチームが新しいパワーユニットを用意しているだろうし、僕らはそれを使うことになる」

「お互いにどうなるのかを考えるのは興味深い。だけど当然、僕は大きな自信を持っている」

 その一方で、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とキミ・ライコネン(フェラーリ)は、新しいパワーユニットを投入した場合はグリッド降格ペナルティを受けなければならない。

 しかしスパはオーバーテイクを行うのにも適したサーキットであり、ここで3基目のパワーユニットを投入すれば、決勝でのグリッド降格から挽回しやすく、モンツァでのペナルティを回避できる。したがって、彼らが今週末3基目を投入するというのは理にかなった話だ。

 ボッタスは新しいパワーユニットについて、「これを投入すれば、恩恵がある。これを使う理由もあるし、パフォーマンスのゲインもあるだろう」と答えた。

 またライコネンも、3基目のパワーユニットを投入すればより大きな利益を受けることができるはずだ。彼はスペインGPでトラブルに見舞われたことにより、シーズンの早い段階、つまり2基目のパワーユニットを投入する当初の予定よりも2レース早くパワーユニットを交換しなければならなかった。

 メルセデスとフェラーリが今週末アップグレードを投入するということは、今シーズン初めて、両チームが同じレースでアップグレードを投入することになる。フェラーリは、カナダGPでベッテルに2基目のパワーユニットを投入し、その後イギリスGPで大幅なマシンアップデートを行っていた。一方メルセデスが同様のアップデートを行ったのは、その翌週のオーストリアGPだった。

次の記事
レッドブル、フェラーリ型の”開口部付き”リヤビューミラーを採用

前の記事

レッドブル、フェラーリ型の”開口部付き”リヤビューミラーを採用

次の記事

レーシングポイント・フォースインディア誕生。ランキングはゼロから

レーシングポイント・フォースインディア誕生。ランキングはゼロから
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Scott Mitchell