ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」

シェア
コメント
ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」
執筆: Scott Mitchell
2018/11/06 10:13

5度目のF1タイトルを手にしたハミルトンは、レーシングドライバーになるために学業を妥協する若手ドライバーを助けたいと話した。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、レーシングドライバーになるために学校教育を妥協している若手ドライバーを助けたいと考えており、この件についてFIAの会長であるジャン・トッドと話し合いをしたいと明かした。

 ドライバーとしてのキャリアを追い求め、学校へ通わない若手ドライバーが、もし将来ドライバーとして成功を収めることができなかった場合、彼らが頼れる武器は多くない。

 ハミルトンは、F1のスターたちが子供に与える影響を理解している。というのも彼自身、子供の頃にマクラーレンでデイビッド・クルサードやミカ・ハッキネンらと出会い、彼らの持つ”輝き”を目にしたからだ。

「僕はただ懸命にドライブを続け、子供たちを励まし続けたい」とハミルトンは話した。

「願わくば、いずれジャンと会いたい。なぜなら、僕たちは学校に通う子供たちに対してポジティブな影響を持っていると感じているからだ」

「レースをしている多くの子供たちは、教育を受けていなかったり、受けに行こうとしない。両親は、最大限にレースに集中させるために、子供を学校から連れ出す。そしてうまくいかなかった時には、失敗に終わるんだ」

「もちろん、チャンピオンシップを勝ち獲るというのは素晴らしいことだ。だけど、僕はこのことについてもジャンと共に取り組みたい。たとえ彼らがF1に進むことができなかったり、レーシングドライバーになれなかったとしても、エンジニアになれる可能性がある」

「F1のチームには何千という人々がいて、それら全ての組織にはたくさんの機会がある。僕もそれに関わってみたいと思う」

 若手ドライバーが教育を妥協していることに対してハミルトンが抱いている懸念は、2014年の後半にレッドブルのエイドリアン・ニューエイが主張したものでもある。

 ニューエイは、レースやテスト走行に参加することで、自身の息子ハリソンのような子供たちが学校で努力をしなくなる恐れがあり、それを止めるために運営側がもっと何かをすべきだと話していた。

 ハミルトンは、自身が”常にレーシングドライバーとして記憶される”ことを理解しているという。しかし彼は若手を支援するために時間を使いたいと考えている。

「この素晴らしいスポーツとチャンスによって、僕が他のことをするのに非常に良い土台と機会が生まれた」

「僕はいつもポジティブな影響を与えたいと考えている。ただ何かを受け取ってばかりではいたくない」

「将来のためにポジティブなことをしたい」

「もし僕が何か他のことで記憶されたいと思えば、教育を奨励するものか、難しい時間を過ごした人を助けるための学校を建ててそうするだろう」

「言葉で言い表すのは難しい。だけど、ただ何の意味もなさないことをするために自分の時間を使いたくない」

次の記事
セナらが作り上げた、F1の重要さを実感……ガスリー、ブラジルGPへ意気込み

前の記事

セナらが作り上げた、F1の重要さを実感……ガスリー、ブラジルGPへ意気込み

次の記事

ホンダ新PUと新エアロで上昇傾向。ハートレー「ブラジルでもポイントを」

ホンダ新PUと新エアロで上昇傾向。ハートレー「ブラジルでもポイントを」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース