ホンダ、2基目のターボとMGU-Hを投入。ガスリーはエンジン交換も

30,036 見る

トロロッソ・ホンダは、バーレーンGPでアップデート版のターボ&MGU-Hの投入を決断。ガスリーはエンジン交換もすることとなった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、今週末に行われるバーレーンGPで、アップデート版のターボチャージャーとMGU-Hを使うことになった。またガスリーは開幕戦のトラブルによりエンジン(ICE)にもダメージが及んだため、交換しなければならないことが分かった。

 今季からパートナーシップがスタートしたトロロッソとホンダ。そのオフシーズンは至極好調で、カタルニア・サーキットで行われたプレシーズンテストでは、トラブルらしいトラブルに見舞われることなく、順調に周回を重ねた。

 しかし開幕戦オーストラリアGPは一転して厳しいグランプリとなった。2台揃って予選Q1落ちを喫しただけでなく、決勝ではガスリーのマシンのMGU-Hにトラブルが発生し、リタイアすることとなった。

 ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治氏は、オーストラリアGPでのトラブルについて説明。ターボとMGU-Hのトラブルにより、ガスリー車のICEにはダメージが及んでいたと認めた。

 ホンダは同様のトラブルが再発することを避けるため、ターボとMGU-Hをアップデート。ガスリー車にはもちろん、予防策としてチームメイトのハートレーのマシンにも、新型のターボとMGU-Hを投入することを決めた。またガスリーはシーズン2基目のICEも投入することになる。

 今シーズン、各ドライバーはICE、MGU-H、ターボチャージャーをそれぞれ3基までしか使うことができない。それ以上のコンポーネントを使うことになった場合には、グリッド降格ペナルティを科せられることになる。つまり、オーストラリアGPでトラブルが発生した各コンポーネントを修復できなかった場合、ガスリーは2基のコンポーネントだけで残り20戦を戦わなけれなならないこととなる。

 ハートレーも同じような状況ではあるものの、少なくともICEに関しては、オーストラリアGPで使ったモノを引き続き使うことができるはずだ。

「2戦目でコンポーネントを交換しなければならないということは、明らかに難しい決定であると共に、理想的なことではありません」

 そう田辺テクニカルディレクターは語る。

「しかしながら、前進するためにはこれが正しい方法であると信じています。そして、同様の問題が再発しないよう、我々の開発を継続していきます」

「サクヒールは、パワーユニットに厳しいサーキットです。しかし我々はこの困難な状況から抜け出し、今回、そして今後のレースに集中していきたいと思います」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース