ホンダF1、4日間で充実の957周。大きなトラブルなく、”学びの多い”テストに

シェア
コメント
ホンダF1、4日間で充実の957周。大きなトラブルなく、”学びの多い”テストに
2019/02/21 23:34

ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、バルセロナでのオフシーズンテスト1回目を終え、学びの多いテストだったと語った。

 スペイン・バルセロナで行われた、2019シーズン最初のオフシーズンテストが終了した。レッドブルとトロロッソにパワーユニットを供給するホンダは、大きなトラブルに見舞われることなく、多くの周回を重ねた。

「2019年最初のバルセロナテストの4日間は、Red Bull Toro Rosso Honda、Aston Martin Red Bull Racingともに順調にプログラムを消化することができました。最終日もスムーズに周回を重ね、多くのデータを蓄積しました」

 ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治は、そうプレスリリースに語った。

 走行距離にして計4,454.83kmを走破したホンダ。今回のテストでは、主にパワーユニットの機能確認やドライバービリティの調整などが行われた。さらには、今年から2チームにパワーユニットを供給する体制となるホンダにとって、オペレーション面でも収穫の多いテストとなったようだ。

「ホンダにとってはF1復帰後初めて2チームにPUを供給する体制で臨み、オペレーション面でも学びの多いテストになりました。4日間を通してPUに大きなトラブルはなく、トロロッソが482周、レッドブルが475周を走り、ホンダとしては957周を走行しました」

「今回得られたデータをこの後の4日間で十分に解析し、テスト2に臨みます。来週も順調にテストを行い、万全の体制で開幕戦に臨められればと考えています」

 2回目のオフシーズンテストは、2月26日(火)にスタートする。それまでに残されたわずかな時間で、膨大な量のデータを分析し2回目のテストに備えるという”静かな戦い”がすでに始まっていることだろう。

 ホンダは、サーキットがあるバルセロナ、日本のHRD Sakura、そして英国のHRD-MKにおいてデータの解析を進めるとしている。

次の記事
F1合同テスト4日目:ヒュルケンベルグ最速。ホンダPU、4日間で957周を走破

前の記事

F1合同テスト4日目:ヒュルケンベルグ最速。ホンダPU、4日間で957周を走破

次の記事

レッドブル、テストは”大成功”。予定プログラムを消化し、開発に収穫も

レッドブル、テストは”大成功”。予定プログラムを消化し、開発に収穫も
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む