ホンダF1、”イレギュラーな1日”も229周走破。PUはトラブルなくデータ蓄積

シェア
コメント
ホンダF1、”イレギュラーな1日”も229周走破。PUはトラブルなくデータ蓄積
2019/02/28 1:56

ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは、バルセロナテスト後半の2日目は、イレギュラーな1日だったものの、PUには問題なかったと話した。

 バルセロナのF1オフシーズンテスト2回目、2日目はレッドブルは128周、トロロッソは101周を走行した。小さな問題で走行時間を失ったものの、ホンダのパワーユニットはノートラブルだったようだ。

 この日のレッドブルは、マックス・フェルスタッペンがドライブし、午前中のタイムで6番手。ピットレーン出口でマシンストップした他、レースシミュレーション中にコースオフがあり、ギヤボックスのダメージを確認したために走行時間をロスした。

 それでもセットアップ変更などでマシン理解を進め、ピットストップ練習なども行い、開幕戦に向けた準備を進めた。

 一方のトロロッソはダニール・クビアトが7番手。小さな問題がいくつか発生した上、赤旗の影響もあって走行時間を失ったものの、テスト項目はほぼ消化でき、有意義な1日になったという。

 ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治は、この日を「ここまでのウインターテストでは最もイレギュラーが多かった一日でした」と振り返った。

「午前も午後にも赤旗中断やその他の要因により、計画していたほどの周回を重ねることができませんでした」

「ただ、そのような状況でも、両チームとも100周超を走行し、PUとしては今日も大きなトラブルのない一日になりました」

 2回目のテストも折り返しを迎え、開幕までに走行できるのはあと2日のみとなった。田辺テクニカルディレクターは「チームとともに限られた時間を効率的に使いながら、残りのプログラムに臨みます」と意気込んだ。

次の記事
アロンソ、バルセロナに登場。今季中に”アンバサダー”としてMCL34をテストへ

前の記事

アロンソ、バルセロナに登場。今季中に”アンバサダー”としてMCL34をテストへ

次の記事

メルセデスに何が起きているのか? ベッテル「良く見える時も、そうじゃない時もある……」

メルセデスに何が起きているのか? ベッテル「良く見える時も、そうじゃない時もある……」
コメントを読み込む
まずは最新ニュースを読む