F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

ホンダがアゼルバイジャンに投入したSpec2エンジン。ドライバー4人のインプレッション

シェア
コメント
ホンダがアゼルバイジャンに投入したSpec2エンジン。ドライバー4人のインプレッション
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/04/27 7:30

ホンダがアゼルバイジャンGPに持ち込んだSpec2のエンジンについて、レッドブルとトロロッソの4人のドライバーが、そのファーストインプレッションを語った。

 ホンダはアゼルバイジャンGPに、アップグレード版”Spec2”のICE(内燃エンジン)を持ち込み、レッドブルとトロロッソの計4台に投入した。

 このアップグレードについてホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、「主に信頼性の向上ですが、若干のパフォーマンスアップも行なっています」と説明していた。

 では、実際にこのSpec2を走らせたドライバーたちは、どんな印象を持ったのか?

「僕にとっては、とても明確なことだよ。200馬力も増えたわけじゃない。200馬力も増えていたら、それはちょっと変化という以上のものだ」

 そう語るのは、トロロッソのダニール・クビアトだ。

「残念ながら、どのくらい出力が増えたかということについては話していない。エンジンの挙動、そして微調整できることについては、エンジニアの方が評価できるだろう。僕はドライブを続けるだけだ」

 パフォーマンスの向上を感じるか? そう尋ねられると、クビアトは次のように語った。

「あるよ。信頼性の向上と、そして少しのパフォーマンスだ。その量については分からない。今夜、それを明確にする予定だ。多かれ少なかれ、それがどのくらいのモノであるかを理解するためにね。でも聞いている限りでは、すべてがうまく動いているし、振舞っている。フィーリングからでも、すべてが問題なく動いていた。僕にとっては、ホンダが懸命に働いてくれるのは良いことだし、彼らからもたらされるモノは良いモノなんだ」

 ICEを交換するという決断を、200%支持するとクビアトは言う。

「正直にそう思うよ。僕はいつも、パフォーマンスが高ければ高いほど良いと言っている。20番手を走っていてリタイアするよりも、3番手を走っていてリタイアした方がずっと良い。だから僕らは常に、この決断を200%支持することが必要なんだ」

 クビアトのチームメイトであるアレクサンダー・アルボンも、ホンダSpec2のICEについて語った。

「パフォーマンス面ではそれほど大きいモノではないよ。僕らはそれがどのように機能するのかを確認したかっただけだ。僕らには時間が必要だった。そのエンジンは明らかに新しいモノだから、それを調整する必要があったんだ」

 そうアルボンは語る。

「FP1で走れなかったので、少し(計画から)遅れてしまった。でもセッションを通じて素早く進歩しているように見えるし、すぐにそれを調整することができたんだ」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンも「うまくいっているよ」と語り、チームメイトのピエール・ガスリーも、初日については高評価を下している。

「それを確認するために、FP1で走ることができればよかったけどね。でもこれまでのところ、新しいエンジンはポジティブだ」

次の記事
トラブル”経験者”のグロージャン、ラッセルの無事に安堵「見えない壁に当たる感覚」

前の記事

トラブル”経験者”のグロージャン、ラッセルの無事に安堵「見えない壁に当たる感覚」

次の記事

F1アゼルバイジャンFP3速報:ルクレールトップタイム。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン3番手

F1アゼルバイジャンFP3速報:ルクレールトップタイム。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
執筆者 Ken Tanaka