F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
イベント 進行中 . . .
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
6 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
21 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
55 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
76 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
104 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
111 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
125 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
139 days

トロロッソ、ブラジルGPで最新スペックのパワーユニット使用

シェア
コメント
トロロッソ、ブラジルGPで最新スペックのパワーユニット使用
執筆:
2018/11/08 3:31

トロロッソは、今週末インテルラゴスサーキットで開催されるブラジルGPで、最新スペックのホンダPUを使用する。

 トロロッソは、今週末のブラジルGPで最新仕様のホンダ製パワーユニット(PU)を使用することを明らかにした。

 前戦メキシコGPでは、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーのふたりは旧型PUを使用した。というのもグランプリが開催されたエルマノス・ロドリゲス・サーキットは、海抜2200m以上の高地に位置しており、空気の密度が低い。これらの要素は燃焼プロセスやターボチャージャーにも大きな影響を及ぼすので、ホンダは、このような状況に向けた調整の仕方をより理解している旧型PUを使用することを選択した。

 またレッドブルは、ルノーPUに信頼性の問題を抱えていることを理由に、メキシコGPでは最新スペックのPUを使用しなかった。今週末のブラジルGPの舞台となるインテルラゴスサーキットは、海抜800mというメキシコに次ぐ高地に位置していることもあり、彼らは今週末も最新仕様のPUを搭載しないとみられている。

 一方トロロッソは、ブラジルGPで最新仕様のPUを使用することを決定した。

「この数レース、僕のペースは素晴らしいものだった。オースティンではポイントを獲ることができたし、メキシコでは結果を残すことができなかったが、ポイント獲得に値していたはずだ」とハートレーは語った。

「今年の残り2レースには、とてもポジティブな気持ちで向かえるだろう」

「(ブラジルでは)最新スペックのホンダPUを搭載する。それが非常に良いパフォーマンスをもたらしてくれるとわかっている」

「それに加えて、新しいエアロキットもある。これは僕のドライビングスタイルに合っているようだ」

 メキシコでは、ガスリーがグリッドペナルティを受けて最後尾からスタートし、旧型PUを使用して10位に入賞したこともあって、メキシコでもポイントを獲得できるはずだとハートレーは考えている。

 ホンダは、ガスリーがアメリカGPで使用したPUには組み立て上の問題があることを発見した。そのためガスリーは、アメリカGPで使用したものが再使用できなかった場合に備えて、メキシコGP初日に投入した最新仕様のPUをプールすることを決めた。

 問題のあったPUはホンダのさくら研究所に送られ、確認作業が行われた。その結果、再使用に向けて問題はないと明らかになった。

 ガスリーはブラジルGPを前に、「今シーズンのラスト2レースで僕たちのチャンスを最大限に活かすために、この数レースでは戦略的にペナルティを受けた。もう一度ポイント争いをすることを楽しみにしている」とコメントした。

次の記事
エクソンモービル、オイル燃焼でパワーを得るのは”技術的後退”と批判

前の記事

エクソンモービル、オイル燃焼でパワーを得るのは”技術的後退”と批判

次の記事

F1、イギリスGP開催地の変更を示唆。シルバーストン以外の候補は?

F1、イギリスGP開催地の変更を示唆。シルバーストン以外の候補は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell