トロロッソ・ホンダ、鈴鹿で躍動。ホンダ田辺TD「ここまでの努力の結果」

シェア
コメント
トロロッソ・ホンダ、鈴鹿で躍動。ホンダ田辺TD「ここまでの努力の結果」
2018/10/06 10:26

トロロッソ・ホンダは、2台がQ3に進出。ハートレーが6番手、ガスリーが7番手とホームの鈴鹿で好結果を手にした。

 F1日本GPの予選、ホームレースを迎えたトロロッソ・ホンダは不安定な空模様も味方につけ、ブレンドン・ハートレーが6番手、ピエール・ガスリーが7番手と、鈴鹿に集まった日本のファンの前で揃って好結果を出した。

 ホンダは、前戦ロシアGPでパフォーマンスアップの片鱗を見せながら、使用が断念された最新パワーユニット(PU)を再投入。トロロッソはチーム代表のフランツ・トストが”予選Q3進出は必須”だと語るほどの自信を見せていた。

 予選は、雨が周期的に強まる不安定な天候。それに振り回されるチームもある中で、トロロッソは予選を完璧に戦い切り、好グリッドを手にした。

「今日の予選は2台が揃ってQ3進出という素晴らしい結果になりました。ドライバーは2人とも見事なパフォーマンスを見せてくれましたし、多くのファンが詰めかけたこの鈴鹿で、このような結果を得られたことを本当に嬉しく思っています」

 ホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、そうコメントを発表した。

「PUについては、ロシアGPでの懸案をこの予選までに解決し、予選に臨むことができました。この作業に当たった全てのプロジェクトメンバーに感謝しています」

 Q2、Q3の終盤には雨が強まり、タイム更新が難しい状況となったが、トロロッソのふたりはそれまでにしっかりとタイムを残していた。

 田辺も「また鈴鹿に向けて競争力があるマシンを作り、今日も不安定な天候を先読みしていい戦略で予選を戦ったチームも、素晴らしい仕事をしてくれました」とチームを讃えた。

「今日の結果は、レッドブル・トロロッソ・ホンダのチームメンバーとドライバーのここまでの努力の結果だと思っています」

 それでも、マシントラブルの影響で十分走りこめなかったガスリー車のPUは、まだセッティングが完璧ではないとのこと。あくまで予選は予選。決勝に向けて全力で臨むと、田辺は意気込んだ。

「ただ、ガスリー選手のPUのセッティングにはまだ改善の余地があるので、明日に向けて対応を検討したいと思います」

「レースは結果が全てですので、明日はさらに良い結果を得られるよう全力で臨みます」

次の F1 ニュース
フェラーリ、タイヤ選択で大失敗も……ベッテル「誰かを責めたりしない」

前の記事

フェラーリ、タイヤ選択で大失敗も……ベッテル「誰かを責めたりしない」

次の記事

グロージャン危機一髪「フェラーリと同じミスをするところだった」

グロージャン危機一髪「フェラーリと同じミスをするところだった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP
記事タイプ 速報ニュース