F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
2 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
24 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
30 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
37 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
51 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
58 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
114 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
142 days

ウイリアムズ、クビサにシートをオファーか? フェラーリと契約の可能性も

シェア
コメント
ウイリアムズ、クビサにシートをオファーか? フェラーリと契約の可能性も
執筆:
2018/11/10 8:16

ロバート・クビサは、ウイリアムズから2019年のレギュラードライバーとしてのオファーを受けたと見られている。

 ウイリアムズは、リザーブドライバーを務めるロバート・クビサに対し、2019年のレギュラードライバーとしてのオファーを行ったのではないかとみられている。また彼には、フェラーリから開発ドライバーのオファーもあったようだ。

 先日、ウイリアムズは来シーズンよりジョージ・ラッセルを起用することを発表した。F1シート獲得を目指すクビサは、セルゲイ・シロトキンとウイリアムズに残る空席を争っているところだ。

 今年限りでF1のシートを失う可能性の高いエステバン・オコン(レーシングポイント・フォースインディア)のウイリアムズ移籍が実現しそうにないこともあって、現在ではクビサがウイリアムズの最有力候補であり、すでに2019年のオファーを受けたと考えられている。

 しかし彼には、フェラーリからのオファーもあるようだ。フェラーリの開発ドライバーを務めるダニール・クビアトは来年トロロッソへ復帰し、サードドライバーのアントニオ・ジョビナッツィもザウバーからF1へデビューすることが決まっている。それゆえフェラーリは、シミュレータープログラムを担当し、現行のマシンやタイヤをよく理解しているドライバーを求めている。

 クビサは自身のオプションいついて詳細を語ることを拒否したが、ブラジルGP後には将来に関する決断を下すつもりだと明かした。

「僕らは決断に近づいている」とクビサはmotorsport.comに話した。

「僕としては、そういう段階に来ていると思うし、期日はすぐそこだ。何を決断するのか、自分は何をしたいのか、自分にとって何がベストなのか、今後数日のうちにわかるだろう」

「大半のことは、自分がどの方向へ進みたいのかを決めることや、レースがしたいのかどうか、複数のことを同時にやれるのかどうか、そして今年のようにひとつのことに集中できるのかどうかにかかっている」

「先に話したように、数日後に期日がやってくるし、僕はそれを尊重したい。その時になれば、どうなるかわかるだろう」

 長期的な契約を結ぶことが最優先なのかと問われたクビサは、「そうなる可能性もあるし、そうならないこともあるだろう」と答えた。

「F1に戻ってマシンをドライブしたいという願いの方が、長期的なプロジェクトを望む気持ちよりも大きいはずだ。個人的な決断を下すために、たくさんのことが残されている。だけど最終的な決断は僕が下すものだ。うまくやりたい」

「自分の考えを決めたいと言う時は、将来何がしたいのかを決めるときでもある。この先3カ月、あるいは1年後のことだけを考えているのではない」

「全てのことが僕の感情に左右されるわけではない。というのも一度僕が決断を下せば、物事を見て、それがどう作用するかを考えようと皆が待っているからだ。ブラジルの後は長い戦いが待っている。どうなるのか見てみよう」

 また彼は、フェラーリとの関係性は魅力的なものだったと認めた。

「子どもの頃からF1を夢見ていた。そしてF1ドライバーになった後は、タイトルを獲るか、あるいは赤い(フェラーリの)マシンに乗るかというふたつのことがある。僕はそれにかなり近いところまで行ったけれど、実現しなかった」

「後ろを振り返ることはできないし、僕は前を向かなければならない。とても興味深いことかもしれないが、高いレベルでトップチームと仕事をすることを優先に考える必要がある。だけどプロフェッショナルなドライバーの観点からみれば非常に良い機会だろう」

次の記事
夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催

前の記事

夢のビッグイベント誕生。鈴鹿で『モースポフェス』が3月2日・3日に開催

次の記事

ベッテル、”足の間に何かある!”無線を説明「誤解があってはいけなかったから……」

ベッテル、”足の間に何かある!”無線を説明「誤解があってはいけなかったから……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper