F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
9 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
37 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
44 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
58 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
72 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
79 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
93 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
100 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
114 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
128 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
156 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
163 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
177 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
184 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
198 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
212 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
219 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
233 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
247 days

クビアト、トロロッソ電撃復帰なるか? 来季のドライバー候補に浮上

シェア
コメント
クビアト、トロロッソ電撃復帰なるか? 来季のドライバー候補に浮上
執筆:
協力: Roberto Chinchero
2018/08/31 2:43

ダニール・クビアトが未だ来シーズンのドライバーラインアップが決まっていないトロロッソに復帰する可能性が浮上した。

 昨シーズン限りでトロロッソを離れ、今年はフェラーリの開発ドライバーを務めるダニール・クビアトが、トロロッソに復帰を果たす可能性があるという。

 2014年に19歳の若さでトロロッソのシートをつかんだクビアトとレッドブルの関係性は、まるでジェットコースターのように浮き沈みの激しいものだった。

 彼は、レッドブルに所属していたセバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍に伴い、2015年にレッドブルへ昇格。しかし2016年のシーズン序盤に2戦連続でそのベッテルと大きな接触をしてしまい、事実上の降格という形でトロロッソへ出戻りとなった。

 トロロッソへ戻ったクビアトは、競争力を取り戻すことに苦労し、その後の31レースで獲得できたポイントは、わずか6ポイントだった。

 2017年は、シーズン終盤のマレーシアGPと日本GPを欠場。アメリカGPで再度トロロッソのマシンをドライブし、ポイントを獲得したものの、結局このレースを最後にチームを離れることになった。

 そして今年1月、クビアトがフェラーリの開発ドライバーに就任したことが発表された。現在彼はフェラーリのファクトリーでシミュレーター作業や、フィオラノで実際にマシンを走らせるといった作業を行っている。

  フェラーリのチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネは、来年のクビアトのトロロッソ復帰の可能性について、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーと、モータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコと共に話をしたとみられている。

 クビアトのF1復帰の可能性が浮上した背景には、レッドブルのジュニアドライバーの中に、来年F1へ昇格できるドライバーがいないという事実がある。

 現在トロロッソに在籍しているピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルドのルノー移籍に伴って来シーズンよりレッドブルへ昇格することが決まっている。一方ガスリーのチームメイトであるブレンドン・ハートレーは、レッドブルに対して、まだ自身がF1で2年目のシーズンを過ごすにふさわしいと納得させることができていない状況だ。

 レッドブルの育成ドライバーは、スーパーライセンスポイントの関係上、いずれもF1にステップアップする資格がない。そのためレッドブルは、マクラーレンの育成ドライバーであるランド・ノリスや、マクラーレンのシートを失う可能性があるストフェル・バンドーンとも接触していた。

 先週、motorsport.comがトロロッソのチーム代表であるフランツ・トストに将来の選択肢について尋ねたところ、彼は次のように答えた。

「様々な名前が挙がっていて、議論している。だが現時点では何も決まっていない」

「したがって、我々は(決定を)待つだけだ。レッドブルがそれを発表するだろう」

 またフェラーリの育成ドライバーであり、今年フェラーリのサードドライバーを務めているアントニオ・ジョビナッツィがトロロッソへ加入するという可能性についても、レッドブルは関心を示しているとみられている。

 今シーズン、ジョビナッツィはザウバーからテストに参加し、レースウィークには何度かFP1を走っていることからも、来年彼がザウバーのシートを獲得する可能性はある。

 しかしながら、クビアトのトロロッソ復帰の方が現実味を帯びているように見えるものの、この件についてフェラーリと話をしているのかどうかについては分かっていない。

Maurizio Arrivabene, Ferrari Team Principal, Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant, Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal and Gino Rosato, Ferrari

Maurizio Arrivabene, Ferrari Team Principal, Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant, Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal and Gino Rosato, Ferrari

Photo by: Mark Sutton / Sutton Images

次の記事
ルノー「レッドブルからの批判を乗り越えた」いよいよ新スペックPU供給

前の記事

ルノー「レッドブルからの批判を乗り越えた」いよいよ新スペックPU供給

次の記事

「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ

「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell