ルクレール、移籍発表後初のフェラーリでのテスト完了。129周を走行

シェア
コメント
ルクレール、移籍発表後初のフェラーリでのテスト完了。129周を走行
Charles Bradley
執筆: Charles Bradley
2018/09/21 4:23

シャルル・ルクレールは、ポール・リカールで行われたピレリのタイヤテストに参加し、129周を走行した。

 ザウバーのシャルル・ルクレールは、木曜日にポール・リカール・サーキットで行われたピレリのタイヤテストにフェラーリから参加し、2レース分以上の距離を走行した。

 来シーズンよりフェラーリに加入することが決まっているルクレールは、2日間にわたって行われる今回のテストの初日を担当し、129周を走破。2日目となる金曜日は、セバスチャン・ベッテルが担当する予定だ。

 またルクレールのフェラーリ移籍が発表されて以降、彼がフェラーリのマシンをドライブしたのはこれが初めてのことだ。

 ピレリは、2019年のタイヤ開発プログラムを決定しようとしており、フェラーリとメルセデスというグリッド上で最速の2チームが参加する今回のテストを極めて重要なものとして位置付けている。なお、メルセデスからはバルテリ・ボッタスがテストに参加している。

 両チームはすでに来年のウエットタイヤのテストを完了しているが、ドライタイヤのテストを行うのは今回が初めてだ。テストで使用するタイヤにはコンパウンドを示すラインが引かれていないため、チーム側にはどのコンパウンドのタイヤをテストしているのか分からないようになっている。

 タイヤテストは今後も予定されており、日本GP後にはルノーが、メキシコGP後にはザウバーがそれぞれ担当することになっている。また最終戦アブダビGP後には、ピレリが最終決定を下したコンパウンドのタイヤを全チームがテストすることが決まっている。

Additional reporting by Adam Cooper

次の F1 ニュース
ホンダを”信頼”するフェルスタッペン「彼らは本当に勝ちたがっている」

前の記事

ホンダを”信頼”するフェルスタッペン「彼らは本当に勝ちたがっている」

次の記事

トラックリミットを破った者はごく僅か。”塗料の無駄”に終わった解決策

トラックリミットを破った者はごく僅か。”塗料の無駄”に終わった解決策
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , バルテリ ボッタス 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Charles Bradley
記事タイプ 速報ニュース