マグヌッセン、予選中のインラップで大幅に速度を落とし叱責処分

シェア
コメント
マグヌッセン、予選中のインラップで大幅に速度を落とし叱責処分
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/11/11 8:01

ケビン・マグヌッセンは、ブラジルGPの予選中にインラップで速度を落としすぎたとして、叱責処分を受けた。

 ハースのケビン・マグヌッセンは、ブラジルGPの予選Q2でインラップを走行中に大幅に速度を落とし、インラップにかけることができる最長時間内で走行を行わなかったと判断された。

 よって彼は、今シーズン2回目となる叱責処分を受けた。

 マグヌッセンはスチュワードに対し、大幅に速度を落としたのは他のマシンに前を譲ろうとしたからであり、また雨によってトラックコンディションがトリッキーになっていたからだと説明した。

 スチュワードの裁定は、以下の通りだ。

「スチュワードは入念に彼(マグヌッセン)のインラップを分析し、他のドライバーを妨害しないよう気をつけていたことが明らかになった。また彼は、あの状況において雨を懸念していた」

「しかしスチュワードは、この段階で他のドライバーらがタイムを出していたことを認識した。デルタタイムは、他のドライバーのタイムの145%だった。したがってスチュワードは、違反が明確となったと判断した。だがドライバーが雨を懸念していたことを考慮し、叱責処分を科した」

 今年マグヌッセンが叱責処分を受けるのは、上述の通りこれが2回目である。1回目は、スペインGPでシャルル・ルクレール(ザウバー)と接触したけた際に処分を受けている。

 ドライバーは1年間に3度の叱責処分を受けると、10グリッド降格ペナルティ科されることになる。マグヌッセンはこのペナルティを受けないためにも、アブダビGPまではトラブルを回避する必要があるということだ。

次の記事
ベッテル、抜き打ち車重計量で指示を無視。叱責&罰金320万円を科せられる

前の記事

ベッテル、抜き打ち車重計量で指示を無視。叱責&罰金320万円を科せられる

次の記事

ハートレー「2/100秒差でQ2進出を逃した。でも、決勝では何だって起こる」

ハートレー「2/100秒差でQ2進出を逃した。でも、決勝では何だって起こる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble