F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
1 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
15 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
43 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
50 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
71 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
99 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
106 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
120 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
134 days

佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長

シェア
コメント
佐藤琢磨の熱弁止まらず! 熱田カメラマン写真展トークショーはまさかの1時間延長
執筆:
2019/12/21 11:54

『熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶』のトークイベントが行なわれ、熱田護カメラマンとゲストの佐藤琢磨が、白熱のトークショーを繰り広げた。

 東京都港区にあるキヤノンギャラリーSにて開催中の『熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶』。開催3日目となった12月21日(土)に、レーシングドライバーの佐藤琢磨をゲストに迎え、トークイベントが行なわれた。

 当初は定員300名で予定されていた今回のイベントだが、申し込みが殺到したことを受けて、350名ほどまでキャパシティが増やされたという。

 まずは、500戦を超えるF1を取材してきた熱田カメラマンが、逆に国際映像や写真に”撮られて”いた場面の裏話を披露。2019年ブラジルGPレース後のパルクフェルメでカメラを落としてしまった際のエピソードなどが明かされ、集まったファンも大いに沸いていた。ちなみに、落としたカメラはレンズが歪んだ程度で済んだという。

 続いて、佐藤が登壇。佐藤がジョーダンからF1デビューする2002年のテスト時から、トロロッソでテストをした2008年まで、熱田カメラマンが撮影した約40枚の写真を見ながら、佐藤のF1キャリアにまつわる秘話が熱く語られた。

 佐藤はイギリスF3時代から自らの手で散髪することが多いという初出し情報から、門外不出の裏話まで、佐藤の口から明かされるエピソードにファンや熱田カメラマンも驚いていた。

 熱田カメラマンの印象的な写真を見ながらの佐藤のトークは止まらず、当初1時間30分の予定だったイベントは、1時間以上延長するという白熱ぶり。参加することができたファンにとっては、またとない貴重なイベントとなったことだろう。

『熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶』は、熱田カメラマンがこれまで撮影してきた作品約100点と、ヘルメットやホンダのパワーユニット『RA618H』など、迫力の展示が見事に融合。モータースポーツファン必見のイベントとなっている。

 写真展は2020年2月8日(土)まで、東京・品川のキヤノンギャラリーSで開催中。1月からは写真展会場にて、熱田カメラマンによるギャラリートークが行なわれる予定にもなっている。ただ、年末年始(2019年12月28日~2020年1月5日)の他、日曜・祝日は休館日となっているので注意だ。

 詳細は、写真展特別ページ(https://cweb.canon.jp/gallery/s/archive/exhibition137.html)を確認してほしい。

Read Also:

次の記事
F1プライベーター通信簿(5):レーシングポイント|浮き沈みが激しかった1年

前の記事

F1プライベーター通信簿(5):レーシングポイント|浮き沈みが激しかった1年

次の記事

ルノーは現実を甘く見ていた?「こんなに後方を走るとは思わなかった」とリカルド

ルノーは現実を甘く見ていた?「こんなに後方を走るとは思わなかった」とリカルド
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 熱田護写真展:500GP フォーミュラ1の記憶
執筆者 松本 和己