トロロッソのレーシングディレクター、チーム離脱。今後はマノーWECへ

元マノーF1の代表で、トロロッソのレーシングディレクターを務めたジョン・ブースは、チームを離れてマノーのWECプログラムに加入する。

 トロロッソのレーシングディレクターを務めていたジョン・ブースは、チームを離脱し、マノーのWECプログラムに加わるという。

 ブースはかつてマノーF1チームのチーム代表を務めていたが、2015年末にマノーを離脱し、2016年よりトロロッソに加入。レーシングディレクターとしてチームのオペレーションなどに携わってきた。

 マノーは、WEC(世界耐久選手権)の2018/19年”スーパーシーズン”はLMP1クラスに参戦する。これに伴いブースは、マノーのプロジェクトに関わることを決断したという。

 motorsport.comの独占インタビューに応じたブースは、次のように話した。

「こう言えば良いだろうか……私とトロロッソとの関係は、自然な終わりを迎えたのだ。今や私は、F1にいるには年を取りすぎているのかもしれない。これで十分だろう?」

 ブースは、今シーズンからトロロッソがホンダのパワーユニットを使用するようになったことや、このプロジェクトにこれまで以上のリソースが投入されていることと、彼のチーム離脱には何か関係があるのではないかという憶測を否定した。

「これについては説明させてほしい。私の年齢になると、フライトやホテル滞在などに疲れてくるのだ」

「プライベートで旅行をするのは好きなのだが……いつかまた日本にも行くかもしれない」

「今後は、LMP1クラスのプログラムに集中するつもりだ。トヨタに挑戦するチャンスはないだろうが、我々は多くのことを計画している」

「我々には10億ユーロ(約1330億円)もの予算はない。LMP1クラスはF1と同じだ。つまり、パフォーマンスを”買う”ことができるということだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース