マクラーレン、300億円分の株売却。ニコラス・ラティフィ父が新株主に

シェア
コメント
マクラーレン、300億円分の株売却。ニコラス・ラティフィ父が新株主に
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/05/23 6:02

マクラーレン・グループは、カナダのマイケル・ラティフィ氏が約300億円分の投資を行い、新たに同社の株主に加わったと発表した。

Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Fernando Alonso, McLaren MCL33
Nicholas Latifi, Force India F1
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL33
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL33 with aero paint on rear diffuser

 マクラーレン・グループは、ロン・デニスが同社の株を売却して以来となる新たな株主として、マイケル・ラティフィ氏が加わったと発表した。

 ラティフィ氏は、F2に参戦しながら、フォースインディアのテストドライバーを務めるニコラス・ラティフィの父である。彼は、自身が管理している会社を通じて、2億ポンド(約299億円)分の投資を行い、普通株式88万8135株を手にするようだ。

 これまで長年マクラーレンに貢献してきたロン・デニスが株式を売却し、マクラーレン・グループの株主はサウジアラビア人の大富豪であるマンスール・オジェや、バーレーンの王立ファンドであるマムタラカトのみとなっていた。そこに、ラティフィ氏が加わることになった。

 フェラーリの愛好家として知られているラティフィ氏は、10代の頃に母国であるイランを家族とともに離れ、カナダに移住。マクドナルドで働いた経験もあるという。

 彼は電気工学の学位、さらにはMBA(経営学の修士号)も取得。現在、彼はカナダで3番目に大きな食品会社であるソフィーナ・フーズのオーナーを務めている。

「私は、マクラーレンのブランドとそのビジネスに憧れてきた」とラティフィ氏は語った。

「マクラーレンは市販車やレース、テクノロジーの分野においてユニークな組織であり、長期的な成長の見込みも素晴らしい。だから私は投資を行ったのだ。私は、マクラーレンというブランドの一部となったことを誇りに思う」

 マクラーレンは声明で、今回の株式売却による資金を受け取るのは来年になるとしている。

 またマクラーレンの関係者は、今回の取引でチームとF1昇格を目指すドライバーであるニコラスとの関係に影響があると考えるのは間違いであると語っている。つまりは、これがラティフィ氏による純粋に商業的な投資だということだ。

次の F1 ニュース
ロズベルグ親子、モナコGP木曜にタイトル獲得マシンでランデブー走行

前の記事

ロズベルグ親子、モナコGP木曜にタイトル獲得マシンでランデブー走行

次の記事

ハートレー「モナコはいわば”裏庭”。よく知っているし大好きなトラック」

ハートレー「モナコはいわば”裏庭”。よく知っているし大好きなトラック」

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース