メルセデス、開幕戦終盤でハミルトンがバトルをやめた理由を説明

シェア
コメント
メルセデス、開幕戦終盤でハミルトンがバトルをやめた理由を説明
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/03/30 2:45

メルセデスは、ハミルトンのエンジン温度が上がるという問題を抱えたが、レース終盤にペースを落としたため、ダメージはないと考えている。

Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H leads Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H, leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+ in parc ferme
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09 EQ Power+ leads at the start of the race

 開幕戦オーストラリアGPでメルセデスは、ルイス・ハミルトンの”エンジン温度が限界近くまで上がる”という問題に悩まされたが、レース終盤にペースを落としてエンジン自体を労ったため、ダメージは及んでいないはずだと考えている。

 開幕戦オーストラリアGPをポールポジションからスタートし、レース序盤を盤石の体制で首位に位置していたハミルトン。しかし、ピットストップのタイミングでベッテルがバーチャルセーフティカーの恩恵を受けてトップに立ったことにより、ハミルトンはベッテルを追いかける立場となった。

 そのハミルトンは、ベッテルを追う中でエンジンの温度が上昇するという問題を抱えた。そのため、今シーズンより使用可能なエンジン基数が"3"になったこともあり、今後信頼性のトラブルを抱えるというリスクを負わないことを決断し、ハミルトンはベッテルにアタックすることを止めたという。

 メルセデスのトラック・サイド・エンジニアリング・ディレクターであるアンドリュー・ショブリンは、ハミルトンのエンジンの温度がチームが設定していた限界に近づいていたことを明らかにしたが、それを超えた兆候はないとも語った。

「ルイスに対するラジオを聞いていた人もいるかもしれないが、その時問題になっていたのは、マシン同士が近づきすぎると、冷えた空気をラジエーターに送ることができないというだけのことだった」

「エンジン温度が限界点に近づいていた。我々はエンジンの温度を注視していた。限界で走ることは可能だが、それを上回らないように注意することが必要だった」

「ルイスの場合、実際エンジンは大丈夫だった。限界に近いことをルイスに伝えると、彼はエンジンを保護することを選んだ。だからあの時点で彼はスピードを落とし、マシンを冷却したのだ」

「エンジンパワーを落とすという対策ができるため、それほど大掛かりな作業にはならない。それによりエンジンが良好な状態になると確信している」

 メルセデスはバーレーンGP前に開幕戦で使ったエンジンの点検を行うというが、ハミルトンのコンポーネントのストックを増やすために2基目のパワーユニットを投入するという決断はしない予定だ。

「エンジンを実際に走らせるということができないため、バーレーンに向かうまでにできることには限りがある」

「現在はルイスがプールしているのは搭載しているエンジンのみだ。彼はこのエンジンをバーレーンと中国でも使う計画だ。全てが計画通り行くように、我々は常に(エンジンを)注視している」

次の F1 ニュース
ベルニュ「僕がシートを奪ったのに……」とハートレー復活を語る

前の記事

ベルニュ「僕がシートを奪ったのに……」とハートレー復活を語る

次の記事

アルファロメオとザウバー、関係を強化し、技術提携も密接に!?

アルファロメオとザウバー、関係を強化し、技術提携も密接に!?

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン 発売中
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース