メルセデス「160億円のバジェットキャップは、上位チームには難しい」

メルセデスは160億円の予算制限はビッグチームには難しいが、マニュファクチャラーは妥協点を見つけようとしていると語った。

 4月6日(金)、F1第2戦が開催されているバーレーンで、F1の首脳陣(リバティメディア関係者)がチームに対して、将来の経費を年間160億円(1億5000万ドル)程度に抑えるアイデアを提示した。しかし、メルセデス代表のトト・ウルフはSky Sportテレビのインタビューに答えて、「この金額には幾つかの重要な個所の支出が含まれていない。ビッグチームがここまで経費を下げる事は難しいだろう」と語った。

「この金額は観測的なもので、例えばマーケティング費用は含まれていない。ドライバーのサラリーも含まれていないし、他にも多くの必要経費が含まれていない。この額はビッグチームにとって低すぎる。我々はリバティと詳細に関して妥協点を見つける必要がある」

「この金額ではどうにもならないが、なにか妥協点はあるはずだ。この金額に含まれていないものを加えると、160億円は遙かに超えて、多分270億円程度になると思う。私の最大の関心事はチームと働いているスタッフを守ることだ。我々はフェラーリやレッドブル、その他のビッグチーム同様に長く活動を続けていることを考慮しなくてはいけない」

「しっかりした組織を作り、従業員を心配させることなく、『我々はこうしてF1で成功を収め、こうして経費を削減し、こうして持続可能なビジネスを作りあげて来た』と言う必要がある」

 ウルフは、標準パーツ採用に関しての議論を否定するものではないという。ただ、標準化がファンのためであったりスポーツのためであったりするものではなく、純粋にコストのためであることを明白にすべきだと言う。

 ウルフは、F1首脳陣によってなされた提案はチームにとって何が可能か、どこが再考すべき点か考えるチャンスをくれたと付け加えた。

「すべてが決まる前に、どうあるべきか分かれば、そこに向けて仕事をすることが出来る。少なくとも、我々は何をやるべきかやらないべきか、上手くいきそうかそうでないか正確に判断することが出来る。どうやって妥協点を見つけるかが我々の最大の宿題だ」

「我々が良いアイデアだと満足すれば、収益も上がる。それは今いる観客を引き留め、かつ新しい観客を増やすことにもなる。我々はF1の伝統を引き継いでいきたい。F1はハイテク・スポーツだ。最高のドライバーが最高のクルマに乗って争っている。そのことを理解してビジネスを展開できれば幸せだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース