メルセデス、上海でのピットストップは1.8秒! 現代F1最速タイムか

メルセデスは、現行のレギュレーションを採用するようになって以来初めてピットストップで1.83秒を記録したという。

 2017年にF1の新しいレギュレーションが導入され、その一環でタイヤとホイールのサイズが大きくなった。またこれに伴い、ピットストップにかかる時間もより長くなった。

 今シーズン開幕以降、アンセーフリリースに関する問題が多発している。そんな中、前戦中国GPでは複数のチームがより用心深いアプローチを取る一方で、メルセデスは2016シーズンのピットストップと同様の短い時間で作業を行ってみせた。

 中国GPの決勝レースでは、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップを走るセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の前に出ようと先にピットストップを行った。それに反応してベッテルも翌周にピットへ向かったが、ボッタスはアンダーカットを成功させてベッテルの前に出た。

 ボッタスのピットストップにかかった時間は、公式には2.15秒と記録されている。しかしメルセデスは、チームが独自に計測したタイムはそれよりも速かったと明かした。

 メルセデスのチーフストラテジストであるジェームス・ボウルズは、メルセデスが公開したビデオコンテンツの中で次のように話した。

「アンダーカットをするために(ボッタスが)ピットレーンへ入った時、我々はセバスチャンの3.3秒後方にいた」

「だけどこのピットストップでは全てのことが完璧に進んだのだ」

「ピットストップは信じられないようなものだった。我々のシステムを利用してタイムを計測したところ、この新しい時代において1.83秒を記録した。非常に早いタイムだ。今よりも小さいサイズのホイールとタイヤを使用していた2016年のオースティン(アメリカGP)以来、このようなタイムでピットストップを終えられたことはなかった」

「それに、セバスチャンのピットストップは(ボッタスよりも)およそ0.9秒遅かった。ピットレーン通過タイムとピットストップにかかる時間を計算すると、(アンダーカットに必要なタイムは)およそ0.7秒だ。つまり、すでに彼の前に出るためにマージンを持っていたということだ」

 またボウルズは、ボッタスはアンダーカットのために素晴らしい貢献をしたと主張した。

「バルテリのアウトラップは桁外れに速かった。何をする必要があるのかということを彼に知らせるために何度か無線で話していたが、(アウトラップは)まるで予選でのアタックのようだった。彼はそれを完璧に成し遂げ、いかなるミスも犯さなかった」

「それが(アンダーカットのための)時間を得ることができた理由だ」

「最後に、セバスチャンがインラップでユーズドのソフトタイヤに苦戦していたのがわかっただろう。彼らは完璧なラップを走ることができなかった。コンマ何秒かのロスがあったのだ」

「全てのことが良い方向に進み、バルテリはセバスチャンの約0.7秒前方に出ることができた。アンダーカットを成し遂げた。ピットストップがうまくいき、バルテリの素晴らしいアウトラップがあったんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー バルテリ ボッタス
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース