メルセデス、3台エントリー案導入を支持。若手ドライバー育成の場に

シェア
コメント
メルセデス、3台エントリー案導入を支持。若手ドライバー育成の場に
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/09/04 7:15

若手ドライバー育成のやり方に疑問を持っているメルセデスは、彼らのシートを用意するためにも、3台目のマシンを導入する案を支持している。

 エステバン・オコン(現レーシングポイント・フォースインディア)、ジョージ・ラッセル、パスカル・ウェーレインという3人のジュニアドライバーを抱えているメルセデスは、彼らをF1に昇格させるチャンスがないことを問題視している。メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、根本的な育成システムの見直しを主張しており、F1チームが3台のマシンを走らせることが最善の解決策だと語った。

 ウルフは、ひとつのチームが走らせるマシンを2台と制限するのではなく、3台目のマシンを導入する可能性を広げ、それを若手ドライバーにドライブさせることがF1にとっても良いことだと考えている。

 彼は今の状況にフラストレーションを感じており、メルセデスの育成プログラムの将来にも疑問を呈している。

「シンプルな解決策がある」

「それは3台目のマシンを走らせることだ。そして、最大で2年間若手ドライバーを走らせるという決まりを設ける」

「このコストは莫大な額にはならないだろう。グリッドが埋まり、新しい若手ドライバーたちの素晴らしいショーや、ルイス(ハミルトン)とバルテリ(ボッタス)による厳しい戦いが繰り広げられるはずだ」

 レッドブルは、若手ドライバー育成のために姉妹チームのトロロッソを設けることを選択したチームだ。トロロッソはこれまでにセバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)やダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペン(ともにレッドブル)などを輩出している。しかしメルセデスは、姉妹チームを持つことを否定した。

「ジュニアドライバーの居場所を見つけるためにもうひとつのチームを持つというのは、我々にとって理にかなうものではない」

「大規模なチームは、若手ドライバーに関してリスクを負わないようになってしまうと私は考えている」

「うんざりしていると言うかもしれない。私もそう感じている。だが我々はリスクを負い、18歳か19歳のトップクラスの才能あるドライバーをトップクラスのマシンに乗せて、チャンスを与えるべきだと思っている」

「しかし問題なのは、彼らが学習段階であることが理由で、チームがドライバーズチャンピオンシップやコンストラクターズチャンピオンシップを獲れないというのは、もちろん素晴らしいことではないということだ」

「我々はそういうことをしていないし、フェラーリもそうだ。だからこれを問題として取り上げる必要がある」

オコンは3台目の導入に賛成も、実現には疑問

 メルセデスの育成ドライバーであるオコンは、3台目のマシンを投入するという案を支持しているが、これが実現するかどうかについては疑問を抱いている。

「これが実現したら、素晴らしいだろうね」とオコンは話した。

「だけど正直に言って、実現するかどうかはわからない。もちろん、そうなって(実現して)ほしいと持っている」

「僕やシャルル(ルクレール/ザウバー)、ジョージ(ラッセル)のような若手ドライバーにとって、素晴らしいチャンスを生み出すことになるだろう」

「F1ではすでに(1チームに)2台のマシンが走っていて、そのコストは様々だ。厳しいものかもしれない。あまりそれ(3台目の導入)に夢を見すぎたくないし、現行のルールを考えたい」

次の F1 ニュース
30回目の鈴鹿日本GP、デイモン・ヒルとフェラーリ248F1が登場決定

前の記事

30回目の鈴鹿日本GP、デイモン・ヒルとフェラーリ248F1が登場決定

次の記事

ガスリー、アロンソを痛烈批判「ホンダPUを使う僕らが嫌いなんだろう」

ガスリー、アロンソを痛烈批判「ホンダPUを使う僕らが嫌いなんだろう」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース