F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
27 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
41 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
56 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
69 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
83 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
90 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
104 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
111 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
125 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
139 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
146 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
160 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
174 days

逆襲のフェラーリ。メルセデスはプレッシャーに慣れていない?

シェア
コメント
逆襲のフェラーリ。メルセデスはプレッシャーに慣れていない?
執筆:
2018/08/31 4:31

フェラーリのアリバベーネは、タイトル争いのライバルであるメルセデスはプレッシャーに慣れておらず、それを利用する必要があると話した。

 スクーデリア・フェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネは、タイトル争いのライバルであるメルセデスがプレッシャーに慣れていないことを利用する必要があると語った。

 アドバンテージを持っていたドイツGPとハンガリーGPで勝利することができなかったフェラーリ。セバスチャン・ベッテルは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)に対して24ポイントのビハインドで夏休みに突入することになった。

 しかし先週末に行われたベルギーGPでは、ポールポジションからスタートしたハミルトンをオーバーテイクし、ベッテルが優勝。ポイント差を17ポイントに縮めた。

 ミラノで行われたF1のデモ走行イベントで、フェラーリの聖地であるイタリアGPに向けての心境を語ったアリバベーネは、2014年に”パワーユニット時代”が始まって以来、時間がかかってしまったものの、フェラーリはメルセデスにパンチを見舞わなければならないと話した。

「彼らはそれに慣れていない」

「ここ数年、我々は頭を抑えられていた。我々は何度もパンチをもらったが、その度に起き上がってきた」

「我々はそれに慣れているが、彼らはそうではない。チームメンバーに言ったことは簡単だ。『彼らにプレッシャーをかけ続けよう』ということだ」

「メルセデスに追いつくのが早くなろうと遅くなろうと、攻撃的に彼らにパンチを浴びせなければならない。我々はそれがどれほどきついことなのか知っている」

「今は、彼らにそれをお見舞いするタイミングだ」

 2014年から4年連続でダブルタイトルを獲得しているメルセデスだが、今季は開幕戦から接戦が続き、13レースを終えた時点でベッテルとハミルトンがともに5勝を挙げている。

 現在、メルセデスはコンストラクターズランキングでもフェラーリを15ポイントリードしているが、今季のフェラーリはパワーの面でもメルセデスをリードしているとみられている。

 ベルギーGPで両者がパワーユニットにアップグレードを投入したが、その差は縮まっていないようだ。そのためパワーが重要となるモンツァでも、フェラーリが優勝候補だと考えられている。

 しかしアリバベーネはベルギーでの1勝で調子に乗ってはいけないと、チームに警告した。

「我々はリカバリーしているが、まだビハインドだ」

「ひとつのレースに勝っただけであって、チャンピオンシップに勝ったのではない。我々の目標はタイトルであり、それを頭に入れておかなければならない」

「慣れていないメルセデスに、常にプレッシャーをかけていかなければならない」

次の記事
「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ

前の記事

「F2でタイトル獲得が最優先」と語るノリス。今週末もFP1出走へ

次の記事

ハロを批判していたヒュルケンベルグ、”複雑な感情”抱くも有用性認める

ハロを批判していたヒュルケンベルグ、”複雑な感情”抱くも有用性認める
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ 発売中 , メルセデス 発売中
執筆者 Scott Mitchell