バックでコースに合流したフェルスタッペン、審議の結果はお咎めなし

シェア
コメント
バックでコースに合流したフェルスタッペン、審議の結果はお咎めなし
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/24 12:53

スチュワードは、モナコGPのFP1でエスケープゾーンからバックでコースに戻ったフェルスタッペンに対し、ペナルティを科さないと決定した。

 F1モナコGPのフリー走行1回目(FP1)で、コースへの合流の仕方が危険だったとしてレッドブルのマックス・フェルスタッペンが審議対象となっていたが、お咎めなしの裁定が下った。

 FP1のセッション中盤、フェルスタッペンは1コーナーであるサンデボーテへのブレーキングでミスをし、エスケープゾーンへマシンを逃した。

 バックしてコースへ合流しようと試みたフェルスタッペンだったが、後ろから来たセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は彼を避けるためにコーナー内側をショートカットしなくてはならなかった。このコースへの合流の仕方が危険だとして、フェルスタッペンは審議対象となっていた。

 セッション後、スチュワードはフェルスタッペンから聞き取り調査を実施。合わせて証拠の見直しを行った。

 その結果1コーナーに接近しているマシンには、イエローフラッグによってコースオフした車両があることは警告されており、スチュワードはフェルスタッペンのコース合流が”イエローフラッグ下で、他のドライバーに危険をもたらさないように”行われていたと判断した。

 フェルスタッペンは、チームメイトのダニエル・リカルドに次ぐ2番手でFP1を終えている。レッドブルはパワーユニットのパフォーマンス不足の影響がいつもより少ないため、モナコではポールポジション争いに加われると考えている。

 オーバーテイクが難しいモナコだけに、フェルスタッペンにグリッドペナルティが下されていればチームにとっても大きな痛手だったが、からくも難を逃れた形だ。

次の記事
ハートレー、将来に関する噂を一蹴「自分には契約がある」と主張

前の記事

ハートレー、将来に関する噂を一蹴「自分には契約がある」と主張

次の記事

伝統のモナコGPが開幕。FP1はレッドブルが下馬評通りの速さでワンツー

伝統のモナコGPが開幕。FP1はレッドブルが下馬評通りの速さでワンツー
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
ロケーション モンテカルロ
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース