ロズベルグ親子、それぞれのチャンピオンマシンでモナコをランデブー

シェア
コメント
ロズベルグ親子、それぞれのチャンピオンマシンでモナコをランデブー
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/05/24 11:52

ケケとニコのロズベルグ親子は、F1モナコGPのフリー走行後にそれぞれがチャンピオンを獲得した時のマシンでデモランを行った。

Keke Rosberg is reunited with his 1982 Williams FW08 Cosworth in a demonstration run with son Nico Rosberg, who took the wheel of his 2016 Mercedes W07 Hybrid
Keke Rosberg is reunited with his 1982 Williams FW08 Cosworth
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1, Keke Rosberg, Williams FW08
Keke Rosberg is reunited with his 1982 Williams FW08 Cosworth in a demonstration run with son Nico Rosberg, who took the wheel of his 2016 Mercedes W07 Hybrid. Prince Albert speaks to the pair on the grid

 F1モナコGPのフリー走行1回目を終えたトラックで、ケケとニコのロズベルグ親子がデモランを実施。それぞれがチャンピオンを獲得した際のマシンでトラックを2周した。

 ケケ・ロズベルグは、1982年のチャンピオンマシンであるウイリアムズFW08、ニコは2016年のメルセデスW07に乗り込んだ。

 1周目はケケが息子をリードする形となったが、2周目はポジションを入れ替え、ニコが父親の前を走った。ふたりはトンネル出口で並走し、ニコはフロントタイヤをロックさせる場面もあった。

 フィニッシュラインでマシンを止めたふたりを、F1のCEOであるチェイス・キャリーやマネージングディレクターのロス・ブラウンに加え、モナコのアルベール大公が出迎えている。

次の F1 ニュース

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース