F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
50 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
57 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
71 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
85 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
99 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
106 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
120 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
134 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
141 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
155 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
162 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
176 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
190 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
218 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
225 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
239 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
246 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
260 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
274 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
281 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
295 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
309 days

サインツJr.「フロントのデグラデーションがひどくて”大惨事”だった」

シェア
コメント
サインツJr.「フロントのデグラデーションがひどくて”大惨事”だった」
執筆:
2018/05/27 20:40

サインツJr.は、ピットストップ後に他のドライバーよりも酷いデグラデーションに見舞われていたことを明かした。

Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18, makes a pit stop
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18, leads Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18 and Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18 and Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 battle
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 and Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18 battle
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 and Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18 battle
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18, leads Brendon Hartley, Toro Rosso STR13

 ルノーのカルロス・サインツJr.(ルノー)は、モナコGPの決勝レース中に酷いデグラデーションが起き、”大惨事”のレースだったと語った。

 決勝レースを8番手からスタートしたサインツJr.は、ピットストップ後にタイヤに苦労し10位でレースを終えた。

 15周目にピットストップを行ったサインツJr.は、ここでウルトラソフトタイヤに履きかえた。つまり、残りの60周以上をこのタイヤで走りきるという選択だった。

 だが彼は、スーパーソフトタイヤではなくウルトラソフトに履きかえたことが、より良い結果を掴むためのチャンスを失うミスであったと考えている。

 Movistarにポイント獲得の感想を尋ねられたサインツJr.は、こう答えた。

「最悪だ。とても酷い。レースはスタートからちょっとした大惨事だったと思う」

「たとえタイヤをセーブすることができていたとしても、フロントのデグラデーションは大きかっただろう。その理由はわからないし、そこに注意を払う必要がある」

「15周目にウルトラソフトに交換するという決断は、一番ふさわしいものではなかった」

 また、これほどデグラデーションが大きいということを予想していたのかと問われると、彼は「いいや……予想はしたけど、他の人たちにはこれほど大きなデグラデーションは起きていなかった」と話した。

 レース後半、ルノーはサインツJr.に対して、新しいタイヤを履いて彼よりも速いペースで走っているチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグを先に行かせるよう指示を出した。その結果ヒュルケンベルグは8位に入賞した。

 モナコで他車を追い抜くというのはほとんど不可能に近いことではあるものの、サインツJr.は、チームオーダーはただの”逸話”だと話した。

「レースはそれ(チームオーダー)以前に終わっていた。ウルトラソフトタイヤに起こったデグラデーションによって終わってしまったんだ」

「ここがモナコであることを考えて、最優先事項はチームのことと、ポイントを獲得することだ。今日はマクラーレンよりもポイントを獲ることができた。でもそれよりもずっと前にミスを犯した。ニコを前に出したのは、ただの”逸話”だ」

 ヒュルケンベルグを先行させた後、サインツJr.はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)にオーバーテイクされた。フェルスタッペンは、コース外を走行してサインツJr.を抜いたようにも見えたが、それについては問題ないとサインツJr.は話した。

「僕は気にしていない。彼は僕よりもかなり速かったし、コースから外れて僕を追い抜こうとそうでなかろうと、僕はなんとも思っていない」

次の記事
モナコ決勝:リカルド、2年前の雪辱果たす涙のモナコ初優勝!

前の記事

モナコ決勝:リカルド、2年前の雪辱果たす涙のモナコ初優勝!

次の記事

【動画】F1第6戦モナコGP決勝ハイライト

【動画】F1第6戦モナコGP決勝ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント モナコGP
ロケーション モンテカルロ
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Pablo Elizalde