“元相方”サインツJr.と超仲良しのノリス、新相方リカルドとはそれほど? 趣味の違いや心境の変化も要因か

マクラーレンのランド・ノリスは、昨年までのチームメイトであるカルロス・サインツJr.、そして今季からのチームメイトであるダニエル・リカルドとの関係性の違いについて語った。

“元相方”サインツJr.と超仲良しのノリス、新相方リカルドとはそれほど? 趣味の違いや心境の変化も要因か

 2019年にマクラーレンからF1デビューを果たし、3年目の今季は大躍進を見せているランド・ノリス。彼は2019年からの2年間、カルロス・サインツJr.(現フェラーリ)とコンビを組んでいたが、今季からはダニエル・リカルドを新たにチームメイトとして迎えた。

 ノリスとサインツJr.のコンビ仲が非常に良好であったことはよく知られており、今でもその関係は続いている。ノリスは自身と同じくひょうきんな性格のリカルドとも良好な関係を築いてはいるが、サインツJr.の時ほどは親しくはないように見える。

 チームメイトとして、サインツJr.とリカルドでは異なるアプローチをとっているのか? リカルドとは、私的な関係というよりもプロフェッショナルな関係を築いているのか‏? そう尋ねられたノリスは次のように答えた。

「ある意味では、両方かもしれない」

「僕たちは仲が良いし、よく笑うし、良き友人だ。でもひとつ言えるのは、単にサーキットを離れた時の趣味が違うということだ」

「彼はワインやファッションとかが好きだし、僕はゴルフやeスポーツとかが好きだ。カルロスの方がそういうこと(ゴルフやeスポーツ)に興味があったので、一緒にゴルフをしたり、シムレースをしたりしている」

「だから、より仲良くなるためのシンプルな方法は、一緒に時間を過ごして楽しむことだと思っている。とはいえ、その辺は何とも言えないところだね」

 そう語ったノリスは、ここ最近レースに対するアプローチを変えたことも、リカルドとの付き合い方に何らかの影響を与えたかもしれないとも付け加えた。

「僕がこれまで以上に、自分が集中しなければいけないことに時間を割いている、ということもあると思う」とノリス。

「より良い仕事をするためには、本当に必要なことに集中することが大切だ。エンジニアと過ごす時間を増やしたり、逆に雑談をしたり楽しんだりする時間を減らしたり……でもF1を楽しむことをやめようとしている訳ではない。僕は今でもF1が大好きだし、やりたいことは何でもやっている」

「ただ集中力や労働意欲の点では大きな変化があった。それが影響しているのは確かだけど、どのくらい影響しているかは分からない」

Lando Norris, McLaren and Carlos Sainz Jr., Ferrari

Lando Norris, McLaren and Carlos Sainz Jr., Ferrari

Photo by: Mark Sutton / Motorsport Images

 今季のマクラーレンは、コンストラクターズランキング3位の座を懸けてフェラーリと熾烈な争いを繰り広げているが、そのフェラーリにはサインツJr.が所属している。このことがフェラーリとの戦いをより楽しめるものにしているかと問われたノリスは、こう語った。

「そうだね、これは彼(サインツJr.)にとっても同じだと思う」

「僕たちは今でも良き友人だ。2019年にチームメイトになって以来、ずっと
仲良くしているし、今でもたわいもない話をしたり、冗談を言い合ったりしている」

「今はそれぞれの道を歩んでいるけど、僕にとってカルロスほど倒したいと思う人はいないと思うし、逆もまた然りだと思う。カルロスはマクラーレンを倒したいだろうし、僕たちも同じようにフェラーリを倒したいと思っている」

「でも僕は全てのドライバーに敬意を払っているし、他にも何人も友人がいる。彼はその中のひとりなんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
『007』のカースタントを経て……資金不足から這い上がった“ボンド・ガール” 「レースが心の拠り所」
前の記事

『007』のカースタントを経て……資金不足から這い上がった“ボンド・ガール” 「レースが心の拠り所」

次の記事

ルイス・ハミルトン、ユーロ2020決勝でPK戦を外し人種差別的な誹謗中傷を受けた3選手を”サポート”

ルイス・ハミルトン、ユーロ2020決勝でPK戦を外し人種差別的な誹謗中傷を受けた3選手を”サポート”
コメントを読み込む