28年ぶりF1復帰のポールリカール、DRSゾーンは2カ所に設置

シェア
コメント
28年ぶりF1復帰のポールリカール、DRSゾーンは2カ所に設置
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/06/22 2:43

1990年以来、28年ぶりにF1が開催されるポールリカール。DRSゾーンは、メインストレートと、バックストレート前半に設置される。

 今週末、10年ぶりにフランスGPが開催される。場所はポールリカール。当地でのF1開催は1990年以来、28年ぶりとなる。

 2002年、近代サーキットを多く手掛けるヘルマン・ティルケの再設計により、テストサーキットへ生まれ変わったポールリカールは、多彩なレイアウトを使用することができ、DRSゾーンの選択肢もかなり多かった。

 F1では、ミストラルストレートと呼ばれるバックストレート途中にシケインを設けた、1周5.842kmのレイアウトを採用。FIAは、スタート/フィニッシュストレートと、バックストレートの前半部分の2カ所にDRSゾーンを設置することを決めた。

 バックストレートのDRSゾーンの活性化をチェックする検知ポイントは、7コーナー手前75メートルに設置されている。7コーナー立ち上がりから170メートルの地点からDRSを使用できる。

 2カ所目のDRSゾーンは14コーナーに検知ポイント、15コーナーを立ち上がって115メートルの地点からDRSを活性化できる。

 FIAは、実際にマシンが走行してからDRSゾーンの場所と長さについてさらなる分析を行うとみられている。DRSゾーンが十分に機能していない、または効果があまりないと判断された場合、変更が行われる可能性がある。

 微調整以上の対処が必要な場合には、バックストレートのシケインを通過した後に、第3のDRSゾーンを追加する選択肢がある。

【動画】F1第8戦フランスGPコース紹介オンボード映像

Paul Ricard track map
Paul Ricard track map

Photo by: FIA

次の F1 ニュース
リカルド、マクラーレン移籍にも興味?「評価することがたくさん!」

前の記事

リカルド、マクラーレン移籍にも興味?「評価することがたくさん!」

次の記事

フェラーリ、ライコネンの後任に来季からルクレール起用を検討か? 

フェラーリ、ライコネンの後任に来季からルクレール起用を検討か? 

この記事について

シリーズ F1
イベント フランスGP
ロケーション サーキット・ポール・リカール
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース