F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

ガスリー、不振の原因は”PUだけではなくシャシーにもある”と分析

ガスリーは、この2戦トロロッソが奮わなかった理由はPUだけではなく、シャシーにもあると語った。

ガスリー、不振の原因は”PUだけではなくシャシーにもある”と分析
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda, is returned to the garage
Pierre Gasly, Toro Rosso, climbs out of his car
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda, Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13
Pierre Gasly, Toro Rosso, on the grid
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda, Fernando Alonso, McLaren MCL33 Renault, and Stoffel Vandoorne, McLaren MCL33 Renault
Pierre Gasly, Toro Rosso STR13 Honda

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、過去2戦トロロッソが苦戦した理由はホンダのパワーユニット(PU)だけが原因なのではなく、シャシーにも問題があると語った。

 バーレーンGPでは、トロロッソとホンダがタッグを組んでわずか2戦目にして、ガスリーは4位に入賞するという活躍を見せた。しかし続く中国GP、アゼルバイジャンGPでは同様のパフォーマンスを発揮することができず、この2戦は後方での苦戦が続いた。

 ガスリーは、チームはまだスランプに陥った原因を理解できていないと明かしたが、ホンダのパワーユニットだけが問題の原因ではないと認めた。

「本当に難しい。この2週間は、パフォーマンス面では本当に厳しかった」とガスリーは話した。

「中国にはシーズンの中でも最長のストレートのひとつがあるということはわかっていたし、バクーもそうだった」

「シャシーに関しても、僕たちにはそれほど競争力はなかった。ブレーキング中の競争力はありそうだったけど、全てのトラクションが弱まっていった」

「どうすればもっと競争力を持てるのか、よくバランスとれたマシンになるのか、僕にもわからない。それからポテンシャルに関しても、どうすれば次のサーキットに行ってすぐに大きなデルタ(タイム差)を築くことができるかもわからないんだ」

 またチームメイトのブレンドン・ハートレーも、どうしてトロロッソが苦戦しているのか理解できていないと話した。

「僕もわからないし、それを知りたい」

「明確なのは、どうして僕たちがバーレーンであれほど速かったのか、ということだ。ピエールは結果を出した。僕もバーレーンではペースがあったけど、結果を出すことはできなかった」

「今のところその答えはわかっていない。チームはそれを理解しようとし続けるだろう。だけど、もう数週間も前のことだ」

 アゼルバイジャンGPを終えた後、ガスリーは、パワーユニットのエネルギーマネージメントが”非常に難しい”と語っていた。

 またホンダのF1テクニカルディレクターである田辺豊治氏は、パフォーマンス不足を補うための解決策を見つける方法があると述べた。

「我々はまた厳しい週末を過ごしました」と田辺氏は話した。

「予選ペースに関して、特にガスリーのマシンは、おそらくそれほど悪くありませんでした。しかしアクシデントにより順位は悪かったのです。(アゼルバイジャンGPの)レース中のペースは十分なものではありませんでした。我々はこれを分析しなければなりません」

「データを分析し、何が起きていたのかを明らかにする必要があります。レース中はたくさん追い抜かれました。エネルギーのマネージメントとパワーユニットのパフォーマンスについても、分析しなければいけません」

Additional reporting by Oleg Karpov

シェア
コメント
ウイリアムズ、シロトキンのペナルティ等に関する再調査を要求

前の記事

ウイリアムズ、シロトキンのペナルティ等に関する再調査を要求

次の記事

ルノー、リカルドの獲得を熱望もサインツJr.との契約延長交渉を開始

ルノー、リカルドの獲得を熱望もサインツJr.との契約延長交渉を開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Pablo Elizalde