ガスリー、”貰い事故”を語る「もしグロージャンの立場だったら謝罪する」

シェア
コメント
ガスリー、”貰い事故”を語る「もしグロージャンの立場だったら謝罪する」
執筆: Matt Beer
協力: Edd Straw
2018/05/23 23:55

ガスリーはスペインGPでのリタイアについて、もし自分がグロージャンの立場だったら謝罪をしていただろうと語った。

Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 and Romain Grosjean, Haas F1 in the Press Conference
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, spins in the pack, causing an accident involving by collecting Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18, and Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18, spins in the pack, causing an accident involving by collecting Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18, and Pierre Gasly, Toro Rosso STR13
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18
Romain Grosjean, Haas F1 Team
Romain Grosjean, Haas F1 walks the track
Haas team members at work on the Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-18 in the pit lane
Charles Leclerc, Sauber, Sebastian Vettel, Ferrari, Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 and Romain Grosjean, Haas F1 in the Press Conference

 トロロッソのピエール・ガスリーは、前戦スペインGPの決勝レースでインシデントに巻き込まれてリタイアしたことについて、もし自分がロマン・グロージャン(ハース)の立場だったら、少なくとも謝罪をしていただろうと話した。

 決勝レースのオープニングラップで、グロージャンはターン3でコントロールを失い単独でスピン。コース上を横切る形でマシンを止めたが、その際ガスリーとニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はそれを避けきれず接触、リタイアとなった。

 この件についてスチュワードは、グロージャンがスピンを避けようとして加速し続けることを選択したように見え、そしてそれが避けられたはずの接触に繋がったことを理由に、モナコGPで3グリッド降格ペナルティを科すことを決めた。

 ガスリーはこの接触についてグロージャンと話をしていないと明かしたが、グロージャンはこの件の影響をコントロールすべきだったと彼はほのめかした。

「このことについては話していないし、彼も僕に話しかけてこなかった」

「あのような状況の中で、僕だったら少なくとも謝罪すると思う」

「僕は大丈夫だ。大したことじゃない」

 あの当時、グロージャンが何をしようとしていたのか理解しているのかとmotorsport.comが尋ねると、ガスリーはそれを否定した。

「50回もビデオを見たけど……いつだって、後になって判断を下すのは簡単だ。なぜならドライバーとして、何かが起きて決断を下すのに0.1秒か0.2秒かかると、状況は変わるからだ」

「映像を50回見て、彼に何ができたのかを10分も考えるというのは、簡単なことだ」

「だけど彼は最初にマシンのコントロールを失って、その後で(アクセルを)踏んだようだったけど、僕は”彼は楽観的すぎる”と思った。でも彼はマシンコントロールを取り戻したと考え、もう一度レースができると思っていた」

「彼がスロットルを戻した時に再びコントロールを失ったので、スロットルを踏み続けたのだと思う」

「(ミスを)リカバーする時にもっと我慢強くて、もう少しワイドになっていれば、彼はブレーキを踏めたはずだ。おそらく、4つのタイヤにフラットスポットを作ることにはなるけど」

「彼のレースにとっても理想的な状況ではなかっただろう。でも少なくとも、僕やニコのレースに影響を与えて台無しにせずとも済んだはずだ」

「後になって考えるのは簡単だ。だけどおそらく彼にとって、そして僕やニコにとってもより良い選択肢があっただろう」

 一方グロージャンは、アゼルバイジャンGPでセーフティカー中に単独でクラッシュしており、2レース連続のインシデントとなった。彼は昨年10月の日本GP以来ポイントを獲得できていないが、現在の状況を心配していないという。

 モナコGPの記者会見に出席したグロージャンは、「今は大きな山を登っているところだ。そのことわざを思い出せないのだけど……」と語った。

「この2レースは、全然計画通りに進んでいない。だけど、時には厳しい時間を経験するということもある」

「バルセロナでは不幸だった。チームメイトとの接触を避けようとして、リヤのコントロールを失ったんだ」

「パフォーマンスはあったし、チームは素晴らしい仕事をしてくれた。僕たちはポイントを獲得できていないけど、あまり心配していない」

次の記事
アストンマーチン、F1参入プロジェクトは”本格化している”と明かす

前の記事

アストンマーチン、F1参入プロジェクトは”本格化している”と明かす

次の記事

フェラーリ、ハロ搭載ミラーを修正。”サポート用”ウイングレット削除

フェラーリ、ハロ搭載ミラーを修正。”サポート用”ウイングレット削除
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー , ロマン グロージャン 発売中
チーム ハースF1チーム , トロロッソ 発売中
執筆者 Matt Beer
記事タイプ 速報ニュース