F1、19年にタイヤ名称改善へ。呼称はハード〜ソフトの3種類のみに?

シェア
コメント
F1、19年にタイヤ名称改善へ。呼称はハード〜ソフトの3種類のみに?
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/05/25 3:57

FIAとF1上層部は、ファンに分かりやすいよう使用するタイヤの名称を2019年から減らすようにピレリに要請した。

 FIAとF1の上層部は、ファンにとっても分かりやすくなるように、各タイヤコンパウンドの名称を簡略化するよう、ピレリに要請を行った。

 今シーズンから、ピレリはスーパーハードとハイパーソフトを加えた7種類のドライタイヤを供給するとしている。スーパーハードの出番はほとんどないと見られており、モナコではハイパーソフトが初登場した。

 しかしこれによってソフトと名のつくタイヤが4種類生まれたことになり、色分けも判別しづらいものとなっていた。

 ピレリに要請されたタイヤ名称の変更プランは、現在使用しているドライタイヤのレンジを維持しながらも、ウルトラソフトやスーパーソフトのような個別の名称は廃止。その代わり、それぞれの週末でハード・ミディアム・ソフトという名称のみを使用するというものだ。つまり、同じハードタイヤという名前だとしても、その中身が同じとは限らないということだ。

 このアイデアはここしばらく議論されていたが、今回正式に要請が行われ、現在はピレリが検討を進めているところだ。

「FIAとFOMから、今は7種類使用しているタイヤをハード・ミディアム・ソフトの3つの名称だけを使って呼ぶよう要請を受けた」

 ピレリのレーシング・マネージャーであるマリオ・イゾラはそう述べた。

「同じ色と同じ名前を持った3種類のタイヤで、すべてのレースが行われる。しかし言うまでもなく、シルバーストンとモナコで同じコンパウンドを使用しレースすることはできないため、その中身は違うコンパウンドだ」

「2次的にそれぞれのコンパウンドをA、B、Cのように呼び、今回のハードはB、ミディアムはDと伝えるようになるかもしれない。観客にとってはおそらく分かりやすくなるだろうが、今後も我々が提供していくであろう技術的なインフォメーションでは、より詳細な説明が必要になる可能性もある」

「議論は進行中であるものの、我々はこの変更を評価に値すると考えている」

 現在、それぞれのタイヤコンパウンドは工場から出荷された時点でサイドウォールにペイントが施されている。しかし今後、例えばこれまでどのイベントでも赤色のペイントがされていたスーパーソフトも、レースによって3色に塗り分ける必要が出てくる。

 しかしイゾラによれば、それぞれのタイヤは特定の各レース向けに製造がされるため、対処は簡単だという。

「生産と物流をチェックしたが、すべての影響を理解する必要はある」

「しかし我々は、それぞれのレースに向けてタイヤを一括で生産している。1レースで使用するすべてのタイヤが同じタイミングで作られているため、正直に言ってタイヤに紫のラベルを入れようが、黄色や他の色のラベルを入れようが、問題にはならないだろう」

 イゾラは、ピレリとしては2019年に5、6種類のコンパウンドを使用することを予想していると語った。

次の記事
初日ワンツーのレッドブル「予選モードのライバルとも戦える」と自信

前の記事

初日ワンツーのレッドブル「予選モードのライバルとも戦える」と自信

次の記事

ハースとザウバー、アップデート待たずモナコでPU交換も”計画通り”?

ハースとザウバー、アップデート待たずモナコでPU交換も”計画通り”?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper