F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

古巣復帰のライコネン、すでにチームに好影響。ザウバー代表語る

シェア
コメント
古巣復帰のライコネン、すでにチームに好影響。ザウバー代表語る
執筆:
2018/09/21 0:10

ザウバーのバスール代表は、来季ライコネンが加入すると発表されたことで、チームにはすでに良い影響が出始めているという。

 ザウバーのチーム代表を務めるフレッド・バスールは、2019年にキミ・ライコネンが復帰することは、チームを大きく後押しするだろうと述べ、その影響はすでに出始めていると明かした。

 2001年にザウバーからF1にデビューしたライコネンは、来季からシャルル・ルクレールと入れ替わるような形でフェラーリを離れ、古巣に復帰することになった。

 バスールは、フェラーリでも非常に高く評価されているライコネンの洞察力と豊富な経験が、チームの技術面の進歩を助ける重要な役割を果たすと考えている。

「彼はとても強力なフィードバックをしてくれる、非常に優れた”テクニシャン”だと評判だ」と、バスールはmotorsport.comに語った。

「おそらく、450人規模のチームが彼のような人材を得ることはチームを2倍、3倍に拡大するよりも重要だ」

「我々にはドライバーの側に強力なリーダーが必要だった。彼はおそらくベストに近いフィードバックをしてくれる」

 バスールによれば、ライコネン加入のニュースによってすでに、エンジニアやその他のチームメンバーのモチベーションを高めているという。

「ファクトリーのリアクションは大きかった。キミのようなドライバーがプロジェクトに参加し、チームとそのメンバー全員を信頼してくれるのは、大きな後押しになる」

「それは自信を与えてくれる。『自分の目の前にいる男は世界チャンピオンだ。その彼が、良い仕事ができると自分に期待してくれている。全力でやるしかない』とね」

「我々がキミの加入をEメールで世界中に発表した時、私はデザインオフィスにいた。その時のみんなのリアクションは『ワオ!』だったよ」

 バスールは、マーケティングの面でもライコネンの存在が大きな恩恵をもたらすと考えており、すでにいくつかのスポンサーが興味を示しているという。

「キミ加入の発表はマーケティングの面でも大きい。その影響を日増しに感じて行くことになるだろう。来年、グリッド上にいる世界チャンピオン経験者3人(セバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、ライコネン)のうち、1人がキミなんだ。彼は大きなインパクトを持っている」

「あらゆる地域のスポンサーから提案を受けている。それは非常に不思議な感じだ。私はおそらく、彼の影響を過小評価していたんだろう」

「1年前は考えられなかった事だ。キミがチームに加わるのを納得するなんて、想像できただろうか! 社内の全員に感謝する。我々は素晴らしい改善を成し遂げたんだ。キミは我々とレースをするのを楽しんでくれると、私は思っている」

次の記事
鈴鹿サーキット社長に訊く、F1日本GP開催延長、決断の”決め手”は?

前の記事

鈴鹿サーキット社長に訊く、F1日本GP開催延長、決断の”決め手”は?

次の記事

ホンダを”信頼”するフェルスタッペン「彼らは本当に勝ちたがっている」

ホンダを”信頼”するフェルスタッペン「彼らは本当に勝ちたがっている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper