ライコネンのザウバー移籍、決断の舞台裏。マネージャーが明かす

シェア
コメント
ライコネンのザウバー移籍、決断の舞台裏。マネージャーが明かす
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/09/25 1:55

ライコネンのマネージャーを務めるスティーブ・ロバートソンは、ザウバーで現役を続行すると決断したライコネンの心境について語った。

Kimi Raikkonen, Ferrari, talks to the media
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Kimi Raikkonen, Ferrari
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Sebastian Vettel, Ferrari SF71H and Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Nick Heidfeld, Peter Sauber and Kimi Raikkonen
Race winner Kimi Raikkonen celebrates
Kimi Raikkonen tests the 2010 Lotus Renault
The podium, Ferrari, second; Jenson Button, McLaren, race winner; Fernando Alonso, Ferrari, third

 来月39歳の誕生日を迎えるキミ・ライコネンは今季限りでフェラーリを離れるが、ザウバーに移籍しF1でのレース活動を続けることを決断した。彼のマネージャーを務めるスティーブ・ロバートソンが、その経緯を明かした。

 フェラーリに残留できなければF1を引退するのではないかと見られていたライコネンだが、ザウバーと来季から2年契約を締結。決してトップチームとは言えないザウバーで現役を続けると決断したことに、驚く者も少なくなかった。

 ロバートソンはライコネンがF1への情熱を持っており、たとえフェラーリを離れ他のトップチームに移籍できなくとも、引退や他のカテゴリーに挑戦する準備はまだできていなかったと語った。

「キミはF1マシンをドライブするのを愛している」

「何年もフェラーリのマシンをドライブしていた彼は引退してヨットに乗り、残りの人生を楽しむのだろうと予想していた多くの人々は、彼の決断に驚いただろう」

「だがキミはF1マシンをドライブするのを愛しているのだ。彼が限界まで攻めるのが好きだし、それを楽しんでいる。もしそれができないなら、彼はモトクロスに乗りたがるだろうが、F1こそが彼にとって一番なんだ」

「そしてフェラーリとの契約が延長できないと分かると、彼は(他のチームと)契約を結びたいと思っていたが、私は、ザウバーの状況についても考えなければならないと感じた」

「今の彼らには、支援者がいる。2年前、チームが危機に瀕している時だったら、キミがそこに行くことを決めただろうか? まず第一に彼らにはキミを起用する余裕はなかったし、第二に彼らの船は沈みかけていた」

「今の彼らはF1界の大スターであるキミを迎え入れた。それこそが彼らの熱意と、何を成し遂げたいと思っているかを示している」

「彼らは、資金を持ち込むドライバーを雇うこともできたはずだ。そして結局、両者が同じことを望んでいると分かった。キミは、彼らを助けたかったんだ」

 ロバートソンは、ザウバーのマシンに優勝争いに絡めるようなポテンシャルがなくても、2年間の契約期間でライコネンが不満に思うことはないと確信している。

「私は個人的にそうなるとは思っていない。なぜなら彼はチームとともに、物事を改善しようとトライすることになるからだ」

「彼は実際に何が起きているのかをちゃんと認識している。不満に思う必要はない。彼はチームを助けられると考えているから、しっかりとそれをこなすだろう」

「私は彼が、気持ちを切り替えると思う。今や、トップチームと中団チームの差は大きく広がったと言える。今は『次の2年間、ランキング7位を獲得しろ』と言うのがベストだ。それを承知で私はサインした」

「現実的でなければならないのと同時に、自分の中にプライドも持っていなければならない。それがチームの成長を助ける。彼は相当トリッキーなレースにでもならない限り、優勝はありえないということを理解している。しかし開発の面で、彼は多くのものをチームに提供できる」

「彼も、それがフェラーリにいた時とは違う役割だと分かっている。キミの持つノウハウや開発に対する着目点がチームの開発を助け、彼らが到達したいと思っている場所への近道となるのだ」

 ロバートソンはザウバーでの状況を、ライコネンが以前所属していたロータスと重ねた。当時はマクラーレンやフェラーリ時代とは違い、多くの自由がライコネンに与えられていたのだという。

「(ロータス所属)当時、人々は私にキミがそれまでよりもリラックスしているように感じると伝えてきた。(ロータスのチーム代表だった)エリック・ブーリエに言われたことを今も覚えている。彼は『我々はキミに多くのことを命じたりしない。何が彼をハッピーにし、何が不機嫌にさせるのかは分かっている。我々は彼をハッピーにしておきたい』と言ったんだ」

「それから彼はより自分らしく振る舞うことができた。フェラーリのようなチームはより企業的な構造を持っている。それが違いだ」

次の F1 ニュース
ランキング4位を目指すルノー、”活気付いた”フォースインディアを警戒

前の記事

ランキング4位を目指すルノー、”活気付いた”フォースインディアを警戒

次の記事

ライコネン、ザウバーで早くもシート合わせ。メキシコでテストか?

ライコネン、ザウバーで早くもシート合わせ。メキシコでテストか?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム フェラーリ 発売中 , ザウバー
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース