ライコネン、1周目の接触を謝罪「僕のミスだ。ペナルティは妥当」

シェア
コメント
ライコネン、1周目の接触を謝罪「僕のミスだ。ペナルティは妥当」
執筆: Glenn Freeman
翻訳:: 松本 和己
2018/07/08 22:27

イギリスGPのオープニングラップでハミルトンと接触したライコネンは、自分のミスだと認め、ハミルトンに申し訳ないと語った。

 フェラーリのキミ・ライコネンは、イギリスGPオープニングラップでルイス・ハミルトン(メルセデス)と接触した件について、自身の非を認め謝罪。ペナルティの10秒タイム加算は妥当だったと話した。

 スタート後、実質的に最初のブレーキングゾーンである3コーナーで、ライコネンはタイヤをロックさせ、前を走るハミルトンの右リヤに接触。ライコネンはあまりポジションを落とさずに済んだが、ハミルトンはスピンを喫し、最後尾まで後退した。

 フランスGPでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がバルテリ・ボッタス(メルセデス)に接触したこともあり、今回の1件については、メルセデス陣営は”わざとなのではないか”と示唆した。ハミルトンは『フェラーリの興味深い戦術だ』と言及。メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、『故意か無能』だとライコネンを批判した。

 ライコネンはペナルティを最初のピットストップで消化。セーフティカーが出動した際に、2度目のピットストップを行い、終盤にボッタスをオーバーテイクし、3位でフィニッシュした。

 レース後、パルクフェルメでインタビューを受けたライコネンは、ペナルティがフェアだったかどうか訊かれ「ああ、あれは僕のミスだった。(ペナルティは)妥当だった」と認めた。

「ペナルティを受けて当然だ。僕は10秒のタイム加算を受けて、レースを続けた。そういうものだ」

「言うまでもなく、3コーナーでホイールをロックさせ、ルイスのリヤにヒットしてしまった。そして彼はスピンしてしまった」

「僕が悪い。時にはそういうことも起きる。簡単なレースではなかった」

次の記事
【動画】F1第10戦イギリスGP 決勝レースハイライト

前の記事

【動画】F1第10戦イギリスGP 決勝レースハイライト

次の記事

メルセデス、フェラーリの接触は「”故意”か”ただ無能”」と非難

メルセデス、フェラーリの接触は「”故意”か”ただ無能”」と非難
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
ドライバー キミ ライコネン 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Glenn Freeman