F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

F1モナコFP3:地元ルクレールが意地の首位も、ベッテルはクラッシュ。フェルスタッペン4番手

シェア
コメント
F1モナコFP3:地元ルクレールが意地の首位も、ベッテルはクラッシュ。フェルスタッペン4番手
執筆:
2019/05/25 12:23

F1第6戦モナコGPのフリー走行3回目が行われ、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。

 F1第6戦モナコGPのフリー走行3回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップでセッションを終えた。

 曇り空のモナコ・モンテカルロは気温20度、路面温度33度。木曜日のFP1より幾分暖かいコンディションの中、60分のセッションがスタートすると、まずはマクラーレンやアルファロメオ、ハース勢がインスタレーションラップをこなした。

 ウイリアムズのジョージ・ラッセルが最初にタイムを計測。それをルノーのダニエル・リカルドやトロロッソ勢が上回り、アレクサンダー・アルボンが1分13秒775で、セッション序盤のトップに立った。

 セッション開始から10分が経過すると、フェラーリやメルセデス勢が走行開始。シャルル・ルクレール(フェラーリ)がアルボンに代わりトップに立つが、それをチームメイトのセバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がさらに上回った。

 ボッタスは2度目のアタックで1分12秒238までタイムアップ。一方、チームメイトのルイス・ハミルトンは、フロントタイヤからバイブレーションを感じると訴えながらも、セクター1、2で全体ベストを更新し、ボッタスと0.258秒差の2番手に浮上した。

 その直後、ベッテルが1コーナーでタイヤをロック。エスケープゾーンに退避できず、バリアに突き刺さってしまった。このマシン撤去のため、バーチャルセーフティカー(VSC)が出された。

 マシンの撤去が済むと、ハミルトンは再アタック。9周目のソフトタイヤでセクター1、2の全体ベストタイムを更新し、1分12秒034でトップに立った。同じタイミングでレッドブルのマックス・フェルスタッペンもタイムを計測。6周目にセクター3の全体ベストを更新したフェルスタッペンは、1分12秒176で2番手に飛び込んだ。

 セッション残り35分ごろ、3番手となっていたボッタスがさらにタイムを更新。1分11秒835を記録したが、これは12周目のソフトタイヤでのタイムだった。

 直後、ルクレールにはVSC中の手順を守らなかったとして、セッション後に審議が行われると通知が出された。チームメイトのクラッシュで出されたVSCだっただけに、仮にペナルティが出された場合、フェラーリにとってはまさに泣きっ面に蜂の状況となる。

 セッションが半分を経過し、トップはボッタス。2番手にハミルトンがつけた。以下フェルスタッペン、ルクレール、ガスリー、ベッテルというオーダー。”ベスト・オブ・レスト”にはアルボンがつけたが、その後にキミ・ライコネン(アルファロメオ)がそれを上回って7番手とした。

 残り時間が25分を過ぎると、メルセデス勢やルクレールが2セット目の新品ソフトタイヤを投入し、予選シミュレーションを敢行。ハミルトンは挙動を乱しアタックを中断した一方、ボッタスはラップをまとめ、1分11秒338をマークした。

 しかしそれをさらに上回ったのがルクレール。セクター2では全体ベストを更新し、1分11秒265で地元モナコでタイムシートのトップに名前を刻んだ。

 中団チームも続々と新品タイヤでタイムを投入。トラフィックを縫うように、各車がアタックを実施しタイムを更新していった。ここでトロロッソ勢もタイムを上げクビアトが6番手、アルボンが8番手につけた。

 結局、セッションをトップで終えたのは、地元モナコ出身のルクレール。ボッタスを0.053秒差で抑えた。ただベッテルのクラッシュもあり、チームにとってはほろ苦いセッションとなった。

 メルセデス勢はボッタスが2番手、ハミルトンが3番手。2セット目のタイヤでのタイムの伸びがルクレールに及ばなかったのが気になるところだ。

 レッドブルはフェルスタッペンが4番手、ガスリーが5番手につけ、その差は僅差。白熱の予選アタック争いが見られそうだ。

 中団争いは、セッション終了間際にアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィが6番手に飛び込んだ。トロロッソはクビアト7番手、アルボン10番手。予選Q3進出を巡る争いは、アルファロメオやトロロッソ、ルノー、ハースが激しい争いを繰り広げそうだ。

【リザルト】F1モナコGP:フリー走行3回目

次の記事
F1モナコFP3速報:ルクレールトップタイム。ホンダPU車4台トップ10

前の記事

F1モナコFP3速報:ルクレールトップタイム。ホンダPU車4台トップ10

次の記事

【動画】F1モナコGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】F1モナコGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
執筆者 松本 和己