F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
25 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
39 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
67 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
74 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
88 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
102 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
109 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
123 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
130 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
144 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
158 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
186 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
193 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
207 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
214 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
228 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
242 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
249 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
263 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
277 days

レッドブルF1ドライバーデザインのカートがよみうりランドを疾走。佐藤琢磨も参戦

シェア
コメント
レッドブルF1ドライバーデザインのカートがよみうりランドを疾走。佐藤琢磨も参戦
2019/09/17 11:27

10月6日(火)によみうりランドで開催されるレッドブル・ボックスカート・レースに、マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがデザインしたマシンが参戦。搭乗クルーが募集されている。また当日は佐藤琢磨も参加することになった。

 10月6日(日)によみうりランドで行われる”Red Bull Box Cart Race(レッドブル・ボックスカート・レース)”に、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンがデザインしたカートが参戦することになった。また当日は、インディカー参戦中の佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)が、自らのスポンサーのカートである”FWD号”のゲストドライバーとして参戦。さらにホンダのF1マネージングディレクターを務める山本雅史が審査員を務めることになった。

 このレッドブル・ボックスカート・レースは、手作りカートでのレースで、参加者は思い思いのデザインを施したマシンで参戦。そのタイムを競う。

 このレースに、フェルスタッペンとアルボンがデザインしたマシンが参戦。そして9月24日(火)までの期間限定で、彼らがデザインしたマシンでレースに挑む”チーム”を募集するという。

 ツイッターで@redbullmotorJPをフォローし、2〜4名のチームを結成、そして当日どんなパフォーマンスをしたいかという動画を撮影して、ツイッターに投稿すれば、応募が完了するという。賞品は前述の通りフェルスタッペン号もしくはアルボン号のクルーとしてレースに参戦できる権利と、特製レーシングスーツ。またレースの走行写真にフェルスタッペンとアルボンの直筆サインを入れたモノが進呈されるという。

 また当日のレースの模様は、インターネットスポーツメディア”スポーツブル”で生配信される。

 応募方法など詳細は、レッドブルの特設ホームページ(https://www.redbull.com/jp-ja/boxcart-challenge?linkId=73795899)まで。

次の記事
【ギャラリー】53勝目はいつ? セバスチャン・ベッテル優勝レースを振り返る

前の記事

【ギャラリー】53勝目はいつ? セバスチャン・ベッテル優勝レースを振り返る

次の記事

安全になった”今”のF1。ハミルトン「未だに危険であると認識すべき」

安全になった”今”のF1。ハミルトン「未だに危険であると認識すべき」
コメントを読み込む