ホンダとレッドブルの”これから”。目指すは表彰台の中央を狙える若手輩出

シェア
コメント
ホンダとレッドブルの”これから”。目指すは表彰台の中央を狙える若手輩出
執筆: 松本 和己
2018/11/07 12:09

ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、世界に通用するような若手ドライバーを輩出するため、今後レッドブルとは育成プログラムまで含めた良い関係を構築していきたいと語った。

 鈴鹿サーキット・レーシング・スクール(SRS)の新体制発表会に登壇したホンダの山本雅史モータースポーツ部長は、レッドブルとは世界に通用するような次世代ドライバーを輩出するべく、ジュニアプログラムを含めて良い関係を構築していきたいと話した。

 ホンダのドライバー育成の基礎を担い、鈴鹿サーキットが主催するSRS。11月7日(水)、SRS-Kart/Formulaの新体制が発表され、佐藤琢磨がプリンシパル、中野信治が副プリンシパルに就任した。共に世界で戦う経験を持った現役ドライバーであり、世界で通用するドライバーを育成するための布陣と言える。

 鈴鹿サーキットの運営会社であるモビリティランドの山下晋社長は、今回の体制変更に至った理由について、「レースの世界では様々な変化が起きています。フェラーリやメルセデス、レッドブルの育成ドライバーが非常に高いレベルの訓練を受け、18〜19歳でトップレベルに成長したドライバーがたくさん出ている。まだまだやれることがあるのではないかということを、山本(モータースポーツ部長)さんと話してきた」と語り、SRSの目標について次のように話した。

「SRS-Fを運営している目的のひとつに、世界のトップカテゴリーで活躍するような日本人ドライバーに育ってほしいという思いがあります。SRS-Fとしても、海外との交流の中でドライバーを育てていくということにぜひチャレンジしていきたい」

 ホンダF1は、来季からトロロッソに加えてレッドブルにもパワーユニットを供給することになっており、両者の関係はさらに一歩前進するはずだ。山本部長は以前、育成ドライバーの交流を含め、レッドブルとドライバー育成についても協力していくことを示唆していた。当然、今回発表された新生SRSとの関わりも気になってくる。

「今、(レッブルのモータースポーツアドバイザー)ヘルムート・マルコさんと話しているのは世界のトップに通用する、世界で戦えるドライバーを育成しようということです。育成するにあたっては当然、表彰台の真ん中に乗れる日本人を育てたいよねと話しています」

 そう山本部長は語る。

「その(話の)内容をきっかけとして、SRSをアップグレードして、今世界で戦っている人たちを講師陣、プリンシパルに迎えて、さらに強くしていこうとしています」

 SRSの2016年卒業生であり、FIA-F4選手権のポイントリーダーである角田裕毅が渡欧し、レッドブルの育成ドライバーらと共にF3テストを行うといった交流もすでにスタートしている。

「ご存知のようにレッドブルはジュニアドライバー・プログラムを持っています。夏休み明けからすでに、レッドブルの育成カリキュラムに日本の若手を送り込んで、切磋琢磨させるということをやり始めています」

「SRSとどう関係していくかというのは、山下社長も含めてこれから検討していきます。平たく言えばレッドブルとトロロッソでシートは4つあるわけですが、F1を目指すというよりも世界で戦えるドライバーをどう育てていくかですね」

「レッドブルをより良いパートナーとして、F1を筆頭にジュニアプログラムまで全てを良い関係で構築し、うまく両者が絡んで若手を世界に輩出できるようにやっていければなと考えています」

次の記事
SRS-K/Fの新体制、テーマは「世界で勝てるドライバーの育成」

前の記事

SRS-K/Fの新体制、テーマは「世界で勝てるドライバーの育成」

次の記事

エクソンモービル、オイル燃焼でパワーを得るのは”技術的後退”と批判

エクソンモービル、オイル燃焼でパワーを得るのは”技術的後退”と批判
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 松本 和己
記事タイプ 速報ニュース