サインツJr.「僕とチームにとって確かに生産的な1日だった」

シェア
コメント
サインツJr.「僕とチームにとって確かに生産的な1日だった」
2018/05/16 7:52

バルセロナで開催されたインシーズンテストの初日にルノーのカルロス・サインツJr.は、2番手タイムを記録した。

 ルノーはバルセロナで開催されたインシーズンテストの初日に、カルロス・サインツJr.をドライバーとして参加させた。サインツJr.は最終的に119周行い、1分17秒562という2番手タイムを記録した。この日ルノーは、パフォーマンス改善を目的としたテストと評価に徹した。

 テスト2日目はサード兼リザーブドライバーであるジャック・エイトケンがドライブを担当することになる。

 ルノーの関係者はテスト初日について次のようにコメントした。

カルロス・サインツJr.
「忙しい1日だったけど、僕とチームにとって確かに生産的な1日だった。僕たちは多くのテストと評価を完了させ、マシンから更なるパフォーマンスを引き出す方法を見つけ出すことに集中した。これまで忙しい日々を送り、多くのラップを重ねることができた。僕たちの成長において有益なものだったと思う」

アラン・ペルマン(スポーツディレクター)
「テスト初日は包括的なプログラムを実行し、カルロスは整然と一貫性を持ってその計画を進めた。我々はマシンを様々な角度から見て、パフォーマンス向上を図っている。初日は119ラップを完了したことで多くのデータを得て、生産的な1日となった。明日はジャック・エイトケンがR.S.18を初めて走行させるのが楽しみだ」

次の F1 ニュース
メルセデス、FIAの要望により”WEC式”のレインライトをテスト

前の記事

メルセデス、FIAの要望により”WEC式”のレインライトをテスト

次の記事

トロロッソ「テスト2日目に向けて作業の優先順位をつける必要がある」

トロロッソ「テスト2日目に向けて作業の優先順位をつける必要がある」

この記事について

シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース