高速時のアンダーステアに苦しむルノー。しかしカナダで解決”予定”

シェア
コメント
高速時のアンダーステアに苦しむルノー。しかしカナダで解決”予定”
執筆: Matt Beer
協力: Adam Cooper
2018/06/08 0:49

ルノーF1チームは、これまで高速走行時のアンダーステアに苦しんできたものの、カナダGPで解決できることを期待しているという。

Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Nico Hulkenberg, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18 and Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18

 ルノーF1チームは、今週末のカナダGPで、高速走行時のアンダーステアの問題を修正できると考えている。

 先月行われたスペインGPは、ルノーF1チームにとって厳しいレースだったという。

 とはいえ、予選ではハース(ケビン・マグヌッセン)とマクラーレン(フェルナンド・アロンソ)に先行されたものの、カルロス・サインツJr.が9番グリッドを獲得。決勝でも、優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)から1周遅れながら、7位入賞を果たした。ただ、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグは、スタート直後にスピンしたロマン・グロージャン(ハース)の巻き添えを食う格好で、早々にリタイアとなった。

 ルノーのテクニカルディレクターであるニック・チェスター曰く、2018年のルノー最大の弱点は、アンダーステアにあるという。しかしながら今週末のカナダGPに向け、解決できるはずだと期待を寄せている。

「我々は少しばかり、高速でのアンダーステアの問題に苦しんでいる。バルセロナで苦しんだのも、この延長線上にあるんだ」

「我々はそれを解決する方法を知っている。具体的なモノをサーキットに持ち込むには、ただ長い時間がかかるというだけなんだ」

「冬のテストの時にも、バルセロナで少し苦しんだ。そして良いマシンバランスを手にすることができなかった。そして再びレースのためにバルセロナに戻った時にも、バランスをとるのにまだ少し苦労していた」

「問題になることは分かっていた。そしてシーズンの後半には、そういったサーキットに向けて、幾つかの解決策を手にできているはずだ」

「我々は解決に向け、正しいアイデアを持っている。我々を助けてくれるあるパーツが届くのを、待つだけなんだ。そのパーツは、モントリオールの時に届く予定だ」

次の F1 ニュース
リカルド、1基目のMGU-Kを”再利用”しグリッド降格ペナルティ回避へ

前の記事

リカルド、1基目のMGU-Kを”再利用”しグリッド降格ペナルティ回避へ

次の記事

フェルスタッペン「”アプローチを変えるべき”という助言にはうんざり」

フェルスタッペン「”アプローチを変えるべき”という助言にはうんざり」

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Matt Beer
記事タイプ 速報ニュース