ルノー、2019/20年のPU開発凍結を要求「新規定に備える時間を」

ルノーは、新規参入メーカーが利益を得ることなどを避けるため、一時的にPUの開発を凍結することを要求している。

 2021年、パワーユニット(PU)に関する新しいレギュレーションが導入されることになっている。これを前にルノーF1チームは、既存メーカーが新規定に備えるための準備時間を確保することや、新規参入メーカーが既存メーカーに対して利益を得てしまう可能性があることを理由に、2019、2020年にPUの開発を一時的に凍結すべきだと主張している。

 ルノーの考えとしては、2019年から2020年にかけて一時的にPU開発を凍結すれば、メルセデス、フェラーリ、ホンダ、そしてルノーの4メーカーは2021年の新レギュレーション導入に向けて十分な準備をすることが可能になる。また新たにF1へ参戦しようとしているメーカーが既存のメーカーに対してアドバンテージを得ることもなくなるという。

 ルノー製PUを使用するレッドブルは、今後より競争力のあるレースを展開させるためにも、2019年と2020年に同一のPUを使用できるはずだと考えている。

 またルノーF1チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、PU開発の凍結を望んでいることを明かしている。なお次戦バーレーンGPの週末には、リバティ・メディアが全チームへこの計画を明かすようだ。

「並行して2種類のエンジンを開発するという負担を負うことを、我々は望んではいない」とアビテブールはmotorsport.comに語った。

「これはもちろんのことだ。しかし、それを達成するために専門的な話をするには時期尚早だ」

「我々の意図や立場には、根底にふたつの考えがある。ひとつは、レギュレーションを受け入れる前に、我々はより重要な全体像を理解しなければならないということだ」

「ふたつ目は、同時に並行して2種類のエンジン開発を行うという事態を受け入れたり、それを維持できるとは考えていないということだ。理由は単純で、もし我々が望むような新しいメーカーがF1に参入することになれば、彼らは(2021年に向けて)大いにアドバンテージを得ることになったり、現行のチームやメーカーを気にする必要もなくなるからだ」

「次の段階に向けて、この案について話し合っているが、私はこれが論理的でフェアな意見であると考えている」

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、FIAは現在のPUのパフォーマンスを均等化すべきだと考えている。

「すぐにでも新しいルールを発表することよりも、今のエンジン開発を凍結すべきだと思う」

「そして、すべてのエンジンのパフォーマンス差が3%以内に収まらなければならないというルールを作り、それが適切に満たされるようにすべきだ」

「そうすれば、2020年まで我々は生き残ることができる。誰も年間3基しか使用できないエンジンの開発をしなくて済む。それが進むべき道だ」

 またレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、たとえPUの出力が同程度になったとしても、依然として燃費、つまり搭載しなければならない燃料重量の面でアドバンテージは残ると主張した。

「マニュファクチャラーが2021年に新しいエンジン導入を望むなら、ある種のBOP(性能調整)を取り入れるのが理想的だと思う。今後の開発コストを防ぐことができる」と彼はmotorsport.comに語った。

「そのようにすれば、燃料消費の面で良い仕事をした人たちは、より軽いマシンでスタートすることができるため、アドバンテージを保つことができる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース