ルノー、カナダGPでPUアップグレード準備も、レッドブルには非推奨?

シェア
コメント
ルノー、カナダGPでPUアップグレード準備も、レッドブルには非推奨?
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/05/31 10:41

ルノーは、カナダGPでPUのアップグレードを導入する準備が整っているものの、特にレッドブルにとってはその導入が最善だとは限らないと語った。

Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director in the garage
Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director and Renault Sport F1 Team R.S. 18
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal, Alain Prost, Renault Sport F1 Team Special Advisor and Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal, Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant and Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant, Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director and Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14 celebrates in parc ferme
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing, dives into the swimming pool on the Red Bull Energy Station
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, leads Sebastian Vettel, Ferrari SF71H
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14 looks at his crashed car
Marshals recover the crashed car of Max Verstappen, Red Bull Racing RB14

 ルノーは、カナダGPでパワーユニット(PU)のアップグレードを投入する準備が整っていると認めたが、すべてのチームがそれをカナダで導入するべきだとは思っておらず、特にレッドブルにとっては最善だとは限らないと示唆した。

 カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットは、ストレートをヘアピンやシケインで繋いだような典型的なストップ&ゴーのサーキットであり、優れたトラクションとパワーが要求される。

 そのため、ここでPUをアップデートするのは理に適った選択と言える。しかし、最終的にアップデートを導入するかどうかは、各ドライバーが使用しているPUのエレメント数が影響してくるだろう。

 今季、ドライバーはそれぞれICE(内燃エンジン)、MGU-H、TC(ターボチャージャー)は3基、MGU-Kやエナジーストア(ES)、コントロールエレクトロニクス(CE)は2基までしか使用できず、これを超えるとペナルティの対象となる。

 ルノーPUユーザーの中では、モナコGPのウイナーであるダニエル・リカルドが早くもグリッドペナルティの危機を迎えている。彼は第2戦バーレーンGPをトラブルで早々にリタイア、第3戦中国GPでPUを交換しており、全エレメントが2基目となっている。

 そしてモナコでは、MGU-Kのトラブルによりパワーを大きく失いながらも見事優勝。しかしカナダGPで3基目のMGU-Kを使用する場合は、10グリッド降格ペナルティを受ける。さらにES、CEのどちらかを同時に交換することになれば、最後尾スタートとなる。

 なお、リカルドのチームメイトであるマックス・フェルスタッペンは、モナコGP初日に2基目のTCとMGU-Kを投入。しかしFP3でクラッシュを喫し、その後に3基目のMGU-Kを投入したため、すでに10グリッド降格ペナルティを受けている。ただ彼は予選出走に間に合わず最後尾スタートだったため、ペナルティの影響はなかった。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは「我々は新しいスペックのエンジンを用意している」と、motorsport.comに語った。

「ただ、導入するかどうかはまだ決めていない。なぜなら、PUのエレメント数や走行距離が各車で異なっているからだ。そのため、いつどこで新しいスペック(のPU)を導入するか、正確なところは分からない」

「我々はパーツ供給の観点からエンジンを6基、利用できる状態にしておくことになるだろう」

「あくまでその計画だが、実際に6台のマシンすべてにそれを導入するのがベストだとは思っていない。特にレッドブルにとってはそうだろう。我々はパートナーシップを結んでいるチームと協力し、シーズン全体の結果がベストなモノになるようにしていきたい」

「パワーの向上はわずかだ。だが、我々はそれで終わりだとは思っていない。ICEからはもっとパワーを引き出せると予想している。それは今年1年を通して、そしておそらく来年も集中して取り組んでいくべきエリアだ」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、どんなPUのアップグレードでも歓迎すると述べた。

「我々は信頼性の高いMGU-Kを望んでいる」

「モントリオールでは、小さなアップグレードでも歓迎だ。現時点では、あらゆるモノが必要なんだ。だから我々にとってはとても重要になる」

 レッドブルは、来季以降に使用するパワーユニットについて契約を結んでおらず、ルノーとの契約延長か、ホンダと新たな契約を交わすのかを判断している状態だ。

 カナダではホンダもアップグレードを持ち込むと見られており、レッドブルは姉妹チームであるトロロッソを通じて、2社のアップグレードされたPUを比較するチャンスを得ることになる。そのため、レッドブルはアップグレードされたエレメントを導入する可能性が高いと言えるだろう。

次の F1 ニュース
ハイパーソフトに苦しむメルセデス「カナダGPまでに”答え”見つける」

前の記事

ハイパーソフトに苦しむメルセデス「カナダGPまでに”答え”見つける」

次の記事

ハース、”意図的に遅らせていた”エアロのアップデートをカナダで投入

ハース、”意図的に遅らせていた”エアロのアップデートをカナダで投入
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース