ランキング4位を目指すルノー、”活気付いた”フォースインディアを警戒

シェア
コメント
ランキング4位を目指すルノー、”活気付いた”フォースインディアを警戒
執筆: Stuart Codling
協力: Edd Straw
2018/09/25 1:55

サインツJr.は、シンガポールGPでルノーを上回る予選パフォーマンスを発揮したフォースインディアに注意を払う必要があると話した。

 ルノーのカルロス・サインツJr.は、シンガポールGPでルノーを上回る予選パフォーマンスを発揮したフォースインディアについて、コンストラクターズランキングで4位を獲得するためには彼らを警戒しなけばならないと考えている。

 コンストラクターズランキング4位と、F1に対して影響力を持つストラテジーグループの席の確保を目指すルノーは、シンガポールGPを終えた時点で91ポイントを獲得している。対してハースは76ポイント、マクラーレンは58ポイントだ。

 ライバルの一角であるフォースインディアはサマーブレイク前に破産申請を行い、新たにレーシングポイント・フォースインディアとしてエントリーを行ったため、ハンガリーGPまでに獲得したコンストラクターズポイントを放棄した。しかしそれにもかかわらずベルギーGPからの3レースで、すでに32ポイントを獲得している。

 もし前戦シンガポールGPでセルジオ・ペレスとエステバン・オコンが接触しなければ、フォースインディアは多くのポイントを獲得し、ルノーとのポイント差を縮めていただろう。

 サインツJr.はmotorsport.comに対し、「僕たちの目標はコンストラクターズランキングで4位を獲得することだ。もし彼らのコンストラクターズポイントがリセットされなかったら、純粋なパフォーマンスだけで彼らは僕たちの前を行っていただろう」と語った。

「フォースインディアには注意する必要がある。お金などのあらゆるものを手にすれば、シーズンの後半に彼らは活気付き始めるだろう」

「シンガポールのようなトラックでは、僕たちは彼らよりも速いと期待していた。でも(予選では)僕らの方が後ろだった」

 フォースインディアはシーズン序盤に財政的な問題を抱えていたせいで、研究開発が妨げられていた。また、チームが新しいパーツを作るために外部業者に発注したことも、パフォーマンスに多くの影響を与えた。サプライヤーへの未払いによって、エンジニアの持つアイデアの多くが実現されずにいたのだ。

 ローレンス・ストロールの率いるコンソーシアムがフォースインディアを買収して以降、新生フォースインディアは長い間停滞していた開発計画を実行に移し始めた。シンガポールでは新パーツを導入し、予選ではペレスもオコンもルノーを上回った。

 一方でルノーのアップデートは、フォースインディアの状況とは異なっている。彼らはシーズン終盤にシャシーのアップデートを投入する予定はなく、すでに2019年のマシン開発を始めることを選択している。

 シンガポールで導入したような新しいバージボードなどの開発は、ドライバーの望んでいたパフォーマンス向上には繋がらなかった。ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、「(効果は)いくらか感じたが、それでは十分ではない」と話した。

「僕たちはもっとパフォーマンスの向上を望んでいる」

 またサインツJr.は、次のように述べた。

「僕たちのマシンは、低速コーナーで競争力を発揮する」

「かなりのグリップ力を生み出して、低速時のパフォーマンスを良くしている。だけど縁石やバンプの上では、他のチームと比較できる次元に到達していない。僕たちはその改善を続けるけど、それがまだ一番の課題だ」

「作業の大部分を占めるのがエンジンだ。(PUを交換するとペナルティを受けるので)僕たちはスペックBを使い続けている。今シーズンの間に他のチームは大きく前進しているが、僕たちはそれができていない」

「ランキング4位を獲得するためにすべてを注ぎ込むつもりだ。シーズン後半戦はタフな戦いになるだろう」

次の F1 ニュース
バンドーン”マグヌッセンのような”F1キャリア再スタートを期待

前の記事

バンドーン”マグヌッセンのような”F1キャリア再スタートを期待

次の記事

ライコネンのザウバー移籍、決断の舞台裏。マネージャーが明かす

ライコネンのザウバー移籍、決断の舞台裏。マネージャーが明かす
Load comments