ルノーPU、信頼性の確認完了。全3チームに”パフォーマンス解放”許可

ルノーは、2018年仕様のパワーユニットが開幕2戦で良好な信頼性を見せたため、よりパフォーマンスを発揮するモードの使用を許可するようだ。

 ルノーのパワーユニット(PU)を使用しているワークスチームのルノーや、カスタマーのレッドブルとマクラーレンは、今後オーストラリアとバーレーンよりも出力の高いモードを、より長時間使うことができるようになったようだ。

 ルノーはこれまで、信頼性を重視しPUの出力について保守的な設定をしてきた。バーレーンではダニエル・リカルド(レッドブル)がエナジーストアのトラブルによりリタイアとなったものの、開幕2戦での評価を行ったルノーは、十分な信頼性があると判断した。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、motorsport.comに次のように語った。

「これまでは基本的に信頼性を確認しようとしてきた。リカルドにインシデントが起きたが、その理由はまだ分かっておらず、調査を続けている」

「原因がシャシーにあるのかエンジンにあるのか、その根本的な原因を確信できていない。あれは明らかに電気的な問題で、エナジーストアに影響を与えた」

「それ以外、つまりエネルギー回生システムや内燃機関の面ではとても良い。エンジンの運用方法について、封印を解こうとしている」

「いくらか影響が出始めるはずだ。特にここ(上海)のようなトラックでは、エネルギー管理に一定の感度が必要だ」

 アビテブールは、ルノーPUユーザー全てが同じパラメーターを用いてPUを運用できると強調した。

「全く同一だ。あらゆるレギュレーションの前に、そうすることが我々の哲学だ。それに加えて、今はレギュレーションでそうせざるをえないので、選択肢はないがね!」

「我々はその点でとても透明性がある」

 さらにルノーは2基目のPUを投入する際にアップデートを予定しており、その中にはMGU-Kの大幅アップデートが含まれているようだ。

「ハードウェアに関して、我々の通りでいけばそうなる。しかし、それはしばらく先の話だ。その時にはエネルギーに関連した他のものも投入される」

「全チームが同じ燃料と潤滑油を使ってはいないので、エンジンや燃料関係については少し遅れてしまう」

 アビテブールは、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がバーレーンGPの予選中に襲われた、突然追加のパワーが発生してしまった問題についても調査し、エンジンの不具合によるものではないと確認した。

「エンジンはスロットルの要求に正確に応えていた。非常に明解だ。エンジンは正確な反応を見せていたんだ」

 この問題の原因は技術的なものではなく、縁石を超えた際の衝撃で足が揺れてしまったことではないかと、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーも語っている。

→F1中国GPも全セッション生配信! スポーツチャンネル『DAZN』

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン , レッドブル , ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース