ルノー、レッドブルに警告「ホンダPUを選べば勝つチャンス逃すかも」

シェア
コメント
ルノー、レッドブルに警告「ホンダPUを選べば勝つチャンス逃すかも」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/06/09 5:16

ルノーは、レッドブルがホンダPUを搭載することを選んだ場合、チャンピオンシップに勝つチャンスを逃す可能性があると警告している。

Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal, Dr Helmut Marko, Red Bull Motorsport Consultant and Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Alan Permane, Renault Sport F1 Team Race Engineer and Cyril Abiteboul, Renault Sport F1 Managing Director
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Brendon Hartley, Toro Rosso STR13, climbs into his car
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Max Verstappen, Red Bull Racing RB14
Pierre Gasly, Scuderia Toro Rosso STR13 passes the Sauber pit wall gantry
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18

 レッドブルは、来季以降のマシンに搭載するパワーユニット(PU)について、ルノーとホンダ、どちらと契約を交わすか評価を進めている。しかしルノーは、もしレッドブルがホンダを選んだ場合、チャンピオンシップに勝つチャンスを逃すことになるかもしれないと警告している。

 3週間後のオーストリアGPをPU選択の期限に設定したレッドブルは、それまでにルノーと契約を延長するか、ホンダと2年契約を締結するかを検討している。

 ホンダのPUは冬の間に良い進歩を遂げており、カナダGPにアップグレードを持ち込んでいる。一方で、ルノーもカナダでアップグレードを行い、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がFP1、FP2ともにトップタイムをマークした。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、PUの状況に関して、レッドブルは慎重に判断を下すべきだと示唆した。2014年以降のPU時代においてルノーはパフォーマンス不足に苦しんでいるものの、レッドブルにもう一度タイトルをもたらす手助けができると、アビテブールは考えているようだ。

「彼ら(レッドブル)がやろうとしていることは理解している」と、彼は『Sky』に語った。

「彼らは、技術面だけでなく商業的な面でも検討を進めている。ルノーのパートナーとして、カスタマーチームという立場を続けるのか、ホンダのワークスチームになるのかは、明確な違いがある」

「違いは大きいし、それは私も認める。しかし率直に言って私が懸念しているのは、彼らには我々とともに再びワールドチャンピオンになるチャンスがあるということだ。ホンダに関しては、何も言えない」

「彼らは素晴らしいマシンを持っている。おそらく最高のマシンだろう。彼らが現在持っているモノや、開発が進んでいるモノを考慮すれば、彼らは2年以内にワールドチャンピオンになる可能性があるんだ」

 ルノーとレッドブルの関係において、ここしばらく厳しいシーズンが続いているが、アビテブールはルノー陣営に留まることが自分たちにとっても最善だと考えていると示唆した。

「彼らにとって、そして我々にとっても複雑な決定だ」

「しかしそれはおそらく感情的な側面が大きい。私は12年間、クリスチャン(ホーナー/レッドブルチーム代表)やヘルムート(マルコ/レッドブル・モータースポーツアドバイザー)と共に働いてきた。それを失いたくない」

「正直に言って、ルノー陣営の構造としても、彼らレッドブルのベンチマーク能力は興味深い」

「今、自分たちが何をやっているかに基づいて、何をしていかなければいけないかは分かっている。通常の状態なら、ルノーのエンジンでレースに勝つことができると彼らは示している。だから良い兆候だ。我々は進歩している。そうしていく必要があるんだ」

次の記事
【動画】F1第7戦カナダGPフリー走行2回目ハイライト

前の記事

【動画】F1第7戦カナダGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

バンドーン、FP2のクラッシュについて語る「ちょっと野心的すぎた」

バンドーン、FP2のクラッシュについて語る「ちょっと野心的すぎた」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント カナダGP
ロケーション サーキット・ジル・ビルヌーブ
チーム レッドブル 発売中 , ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース