タイトル争いは三つ巴の戦いに? リカルド「夏休みまでにもう1勝を」

シェア
コメント
タイトル争いは三つ巴の戦いに? リカルド「夏休みまでにもう1勝を」
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/06/03 5:45

レッドブルのリカルドは、夏休み前にもう一度優勝を挙げることができれば、タイトル争いの3番手という立場を固められると語った。

Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W09, leads Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing, with his trophy
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing and Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 in the Press Conference
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing celebrates on the podium with the trophy
Race winner Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14 celebrates in parc ferme
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Sebastian Vettel, Ferrari, Daniel Ricciardo, Red Bull Racing and Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 in the Press Conference
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Lewis Hamilton, Mercedes-AMG F1 W09
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14

 モナコGPで今季2勝目を挙げたダニエル・リカルド(レッドブル)は、もう1勝を挙げることができれば、タイトル争いの3番手という立場を確立できると語った。

 リカルドは第3戦の中国GPで、セーフティカー中にタイヤを交換する戦略がハマり、見事なオーバーテイクも披露して優勝を果たした。またモナコでは、MGU-Kのトラブルでパワーを失いながらもポール・トゥ・ウィンを飾った。

 リカルドは、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)とは38ポイント差のランキング3位に浮上している。

 ここまで6レースを終えハミルトンが2勝、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)も2勝と、リカルドは勝利数の面では並んではいるものの、レッドブルがメルセデスやフェラーリと完全に互角に戦えているわけではない。なぜなら、予選では特に重要なパワー不足の問題があるからだ。

 チャンピオン争いができるかどうか訊かれたリカルドは、次のように答えた。

「優勝した後で、それは自然な疑問だと思う」

「ルイスとはまだかなりの差がある。だからまだその(タイトル争いの)外側にいる」

「不可能ではないけれど、まだ僕はそれを気にしてはいない。たとえそうなったとしても、僕はドライビングの仕方や、アタックの姿勢を変えるつもりはない」

「おそらく夏休みの前までに、別のサーキットで僕たちに勝つ能力があることをもう一度証明しなければならないだろう。そうすれば、素晴らしいチャンスが待っているはずだ」

 リカルドは伝統的にレッドブルが強いハンガリーGPで、優勝するチャンスがあると考えている。また、ルノーは次戦カナダGPでパワーユニットのアップグレードを予定しており、リカルドはその効果に期待を寄せている。

「モントリオールは面白くなるだろう」とリカルドは語り、短期的な目標としてもう少し表彰台を獲得したいとしている。

 ポイントリーダーのハミルトンも、レッドブルがカナダGP以降どんな戦いを見せるかに注目しており、チャンピオンシップは間違いなく”三つ巴”になると考えている。

 その中でも、ハミルトンはフェラーリが最も強力であり、14ポイント差でランキング2位のベッテルが最有力候補だと考えている。

「彼らは数回、”ボール”を落としてしまった。もし誰もが良い仕事をしていたら、僕たちよりもかなり前に行っていただろう」とハミルトンは述べた。

「しかし、タイトルを巡っては三つ巴の争いになる。レッドブルは、次のレースでエンジンのアップグレードを投入する可能性がある。彼らのパフォーマンスも興味深い。彼らは1年を通じて強くなり続けるだろう」

 ハミルトンは、エキサイティングなタイトル争いが繰り広げられることで、退屈なレースとなったモナコGPの影響が緩和されると考えている。

「今回のレースは最もエキサイティングだったというわけではなかったが、僕たちがやっているバトルをファンが見るのは素晴らしいことだ」

「僕は個人的にそれを愛している。これまでで最大のチャレンジだ」

次の記事
ケケ・ロズベルグ、息子の現役時に”F1と距離を置いた”理由を語る

前の記事

ケケ・ロズベルグ、息子の現役時に”F1と距離を置いた”理由を語る

次の記事

トロロッソのハートレー「バーレーンの4位で、期待が過度に高まった」

トロロッソのハートレー「バーレーンの4位で、期待が過度に高まった」
Load comments